アレハンドロ・アメナーバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレハンドロ・アメナーバル
Alejandro Amenábar
Alejandro Amenábar
本名 Alejandro Fernando Amenábar Cantos[1]
生年月日 1972年3月31日(44歳)
出生地 チリの旗 チリサンティアゴ[1]
国籍 スペインの旗 スペイン
職業 映画監督脚本家作曲家
配偶者 ダビド・ブランコ(2015-, 男性)[1]
主な作品
アザーズ』 『海を飛ぶ夢

アレハンドロ・アメナーバルスペイン語: Alejandro Amenábar, 1972年3月31日 - )は、チリサンティアゴ出身、スペイン国籍の映画監督脚本家作曲家

経歴[編集]

幼少期・青年期[編集]

父親のウーゴ・リカルド・アメナーバルはチリ人、母親のホセフィーナ・カントスはスペイン人である。ホセフィーナの姉はスペインからチリに渡っており、後にホセフィーナをチリに招いた。ホセフィーナはそこでウーゴと出会い、1972年3月31日にアレハンドロ・アメナーバルが生まれた。アメナーバルにはリカルドという1969年生の兄がいる。アメナーバル自身はチリとスペインの二重国籍である。父親はゼネラル・エレクトリックのエンジニアである。アレハンドロが1歳だった1973年8月、アメナーバル家はスペインに移住した。当初はキャンピングカーに寝泊まりしていたが、やがてマドリードに落ち着いた。アレハンドロが6歳の時、郊外にあるマドリード州パラクエーリョス・デ・ハラマ英語版の団地に引っ越した。

15歳の頃から足しげく映画館に通い、その他には執筆や読書にも情熱を注いだ。アメナーバルの母親によると、アメナーバルは読んだ文章のすべてを吸収する能力を持っていた。さらには、物語を書いた時には文章に合わせてキーボードやギターで作曲を行った。アメナーバルはヘタフェの学校に在学していたが、高校2年時にはマドリードの北東部にあるアラメダ・デ・オスナ学校に転校した。この学校はアメナーバルの家からは遠かったが、マドリード有数の学校として知られていた。マドリード・コンプルテンセ大学の情報科学部に入学、コンプルテンセ大学ではマテオ・ヒル英語版などと出会い、ヒルとはプロジェクトの相互支援を行っている。アメナーバルは最終的にコンプルテンセ大学の学位は取得していない[1]

映画監督[編集]

1991年から1994年の間に、アメナーバルは『La Cabeza』、『Himenóptero』、『Luna』という3本の短編映画を監督した。ホセ・ルイス・クエルダスペイン語版が『Himenóptero』の脚本を担当し、若いアメナーバルに助言を与えた。23歳だった1996年には初長編作品『テシス 次に私が殺される』を監督。この作品はゴヤ賞で新人監督賞と脚本賞を受賞し、ベルリン国際映画祭でも審査員の注目を集めた。1997年のSFアクション映画『オープン・ユア・アイズ』は、ベルリン国際映画祭東京国際映画祭で高評価を得た。この作品はアルフレッド・ヒッチコック監督の1958年作『めまい』をアメナーバルなりにアレンジしたものであると語っている[1]トム・クルーズがハリウッドリメイク権を購入、クルーズ自身が主役を演じて『バニラ・スカイ』としてリメイクされた。2001年の3作目『アザーズ』ではハリウッドに進出。ニコール・キッドマンが主演するスリラー映画である。スペインでは同年の最多観客数を記録し、アメリカ合衆国では数週間にわたって興行成績第1位となった。この作品はヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映され、ゴヤ賞では作品賞・監督賞を含む8部門で受賞し、ヨーロッパ映画賞では作品賞にノミネートされた。

2004年には尊厳死活動家のラモン・サンペドロの手記『地獄からの手紙』を元に、ハビエル・バルデムをサンペドロ役に据えた『海を飛ぶ夢』を製作。この作品はアカデミー外国語映画賞を受賞し、ヴェネツィア国際映画祭では審査員特別賞を受賞した。ゴヤ賞では14部門で受賞した。この作品の発表後には尊敬するスティーブン・スピルバーグから賛辞の手紙を受けとったという[1]。2005年には映画芸術科学アカデミーのメンバーとなった[1]。2008年にはレイチェル・ワイズマックス・ミンゲラを主演に据えて『アレクサンドリア』を監督。当初は『Mists of Time』という題名の予定だったが、結局は『Agora』と改題されている。2009年5月17日のカンヌ国際映画祭でプレミア上映され、10月9日にスペインで一般劇場公開された[2]。2011年にはマドリード・ウォーク・オブ・フェイムスペイン語版に選ばれた[3]

2015年には約7年ぶりの長編映画として、エマ・ワトソンイーサン・ホークを主演に据えて『Regression』を監督した[4]。この作品は2015年9月のサン・セバスティアン国際映画祭でプレミア上映された[4]

アメナーバルは自作の音楽のほかに、ホセ・ルイス・クエルダ監督の『蝶の舌』や、マテオ・ヒル監督の『パズル』のサウンドトラックも手掛けている。熱心なサウンドトラックの収集家である[1]スティーブン・スピルバーグジェームズ・キャメロンスタンリー・キューブリックなどを好きな監督に挙げている[1]

人物[編集]

2004年、スペインの雑誌にてゲイであることを公表[5][6]。スペインでは2005年に同姓婚が合法化されている(スペインの同性婚)。2015年7月18日、ダビド・ブランコ(男性)と結婚した[7]

フィルモグラフィ[編集]

監督した長編映画
原題 日本語題 担当 備考
1996 Tesis テシス 次に私が殺される 監督・脚本・音楽
1997 Abre los ojos オープン・ユア・アイズ 監督・脚本・音楽 カメオ出演
2001 Los otros アザーズ 監督・脚本・音楽
2004 Mar adentro 海を飛ぶ夢 監督・脚本・製作・音楽
2009 Ágora アレクサンドリア 監督・脚本
2015 Regresión 監督・脚本
その他の作品
原題 日本語題 担当 備考
1991 La cabeza 監督・脚本・音楽・出演 短編映画
1992 La extraña obsesión del Doctor Morbius 監督・脚本・音楽・出演 短編映画
1992 Himenóptero 監督・脚本・出演 短編映画
1994 Luna 監督・脚本・音楽・出演 短編映画
1999 La lengua de las mariposas 音楽
1999 Nadie conoce a nadie 音楽
2009 Spanish Movie 最終爆笑計画 カメオ出演
2010 El mal ajeno 製作
2013 Me encanta 監督・脚本 ミュージックビデオ
2015 Vale 監督・脚本 テレビコマーシャル[8]

受賞とノミネート[編集]

映画賞[編集]

アメリカ合衆国の旗 アカデミー賞
部門 作品 結果
2005 外国語映画賞 海を飛ぶ夢 受賞
アメリカ合衆国の旗 ゴールデングローブ賞
部門 作品 結果
2005 外国語映画賞 海を飛ぶ夢 受賞
BAFTA賞
部門 作品 結果
2001 脚本賞 アザーズ ノミネート
欧州連合の旗 ヨーロッパ映画賞
部門 作品 結果
2001 作品賞 アザーズ ノミネート
2004 作品賞 海を飛ぶ夢 受賞
監督賞 受賞
スペインの旗 ゴヤ賞
部門 作品 結果
1996 新人監督賞 テシス 次に私が殺される 受賞
脚本賞 受賞
1998 監督賞 オープン・ユア・アイズ ノミネート
脚本賞 ノミネート
1999 作曲賞 La lengua de las mariposas ノミネート
2001 監督賞 アザーズ 受賞
脚本賞 受賞
作曲賞 ノミネート
2004 作品賞 海を飛ぶ夢 受賞
監督賞 受賞
脚本賞 受賞
音楽賞 受賞
2009 監督賞 アレクサンドリア ノミネート
脚本賞 受賞
イタリアの旗 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞
部門 作品 結果
2005 ヨーロッパ作品賞 海を飛ぶ夢 受賞
フランスの旗 セザール賞
部門 作品 結果
2002 インディペンデント・スピリット賞 アザーズ ノミネート
インディペンデント・スピリット賞
部門 作品 結果
2004 外国語映画賞 海を飛ぶ夢 受賞
アマチュア映画人独立協会賞
部門 作品 結果
1991 短編賞 La cabeza 受賞
1994 脚本賞 Luna 受賞
音楽賞 受賞
メキシコの旗 アリエル賞
部門 作品 結果
2006 ラテンアメリカ作品賞 海を飛ぶ夢 ノミネート
アルゼンチンの旗 アルゼンチン映画批評家協会賞
部門 作品 結果
2006 スペイン語作品賞 海を飛ぶ夢 受賞
スペインの旗 サン・ジョルディ賞
部門 作品 結果
1999 作品賞 テシス 次に私が殺される 受賞
2002 スペイン作品賞 アザーズ 受賞
2005 作品賞 海を飛ぶ夢 受賞
スペイン作品賞 受賞
スペインの旗 ブタカ賞英語版
部門 作品 結果
1998 アートハウス作品賞 オープン・ユア・アイズ ノミネート
スペインの旗 スペイン音楽賞
部門 作品 結果
2005 作曲賞 海を飛ぶ夢 受賞
スペインの旗 トゥリア賞
部門 作品 結果
2005 観客賞 海を飛ぶ夢 受賞
スペインの旗 フォトグラマス・デ・プラータ
部門 作品 結果
2005 作品賞 海を飛ぶ夢 受賞
世界サウンドトラック賞
部門 作品 結果
2005 年間最優秀サウンドトラック 海を飛ぶ夢 ノミネート
オーストラリアの旗 オーストラリア映画批評家協会賞
部門 作品 結果
2005 外国語映画賞 海を飛ぶ夢 受賞


映画祭[編集]

イタリアの旗 ヴェネツィア国際映画祭
部門 作品 結果
2001 作品賞 アザーズ ノミネート
2004 審査員特別賞 アザーズ 受賞
若手作品賞 受賞
作品賞 ノミネート
日本の旗 東京国際映画祭
部門 作品 結果
1998 作品賞 オープン・ユア・アイズ 受賞
ブルガリアの旗 ソフィア国際映画祭英語版
部門 作品 結果
2005 観客賞 海を飛ぶ夢 受賞
銀のカモメ 受賞
ベルギーの旗 ヘント国際映画祭英語版
部門 作品 結果
2001 国際映画批評家連盟賞 アザーズ 受賞
作品賞 ノミネート
チリの旗 バルディビア国際映画祭英語版
部門 作品 結果
1998 観客賞 オープン・ユア・アイズ 受賞
フランスの旗 トゥールーズ・スペイン映画祭スペイン語版
部門 作品 結果
1998 学生審査員賞 オープン・ユア・アイズ 受賞
ポルトガルの旗 ファンタスポルト
部門 作品 結果
1997 作品賞 テシス 次に私が殺される ノミネート
ベルギーの旗 ブリュッセル国際ファンタジー映画祭英語版
部門 作品 結果
1997 作品賞 テシス 次に私が殺される 受賞
スペインの旗 シッチェス映画祭
部門 結果
2006 タイムマシン賞 受賞
スペインの旗 エルチェ映画祭
部門 作品 結果
1992 短編賞 Himenóptero 受賞
カラバンチェル映画祭
部門 作品 結果
1992 短編賞 Himenóptero 受賞


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Alejandro Amenábar インターネット・ムービー・データベース(IMDb)
  2. ^ Agora (2009): Release Info インターネット・ムービー・データベース(IMDb)
  3. ^ Madrid gets its own Walk of Fame BBC News, 2011年6月28日
  4. ^ a b ‘Regression’: San Sebastian Review ハリウッド・リポーター, 2015年9月18日
  5. ^ Alejandro Amenábar: "No me importa reconocer que soy gay"” (es). Radio Coopertiva (2004年8月31日). 2007年2月13日閲覧。
  6. ^ “Amenábar habla de su homosexualidad” (Spanish). Espectáculos. (2004年8月31日). http://www.esmas.com/espectaculos/cine/388558.html 2014年7月9日閲覧。 
  7. ^ “Alejandro Amenábar se casa este sábado: todas las fotos de su romance” (Spanish). Vanitatis. (2015年7月18日). http://www.vanitatis.elconfidencial.com/multimedia/album/noticias/2015-07-17/alejandro-amenabar-se-casa-este-sabado-todas-las-fotos-de-su-romance_930679/#0 2015年7月18日閲覧。 
  8. ^ 'Vale', el cortometraje de Estrella Damm dirigido por Alejandro Amenábar”. エル・ペリオディコ・デ・カタルーニャ (2015年6月15日). 2016年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]