アレックス・アンソポロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレックス・アンソポロス
Alex Anthopoulos
Anthopolous.jpg
生誕 (1977-09-15) 1977年9月15日(39歳)
カナダの旗 カナダ ケベック州モントリオール
住居 トロント
出身校 マックマスター大学
職業 トロント・ブルージェイズGM
配偶者 クリスティーナ・アンソポロス(2010年 - )[1]

アレックス・アンソポロスAlex Anthopoulos(発音[6]), 1977年9月15日 - )は、カナダケベック州モントリオール出身のMLBトロント・ブルージェイズの元ゼネラルマネージャー(GM)。現在はロサンゼルス・ドジャースで野球運営部門副社長を務める。

日本語のメディアでは「アンソパウロス」という表記も見られる[2]

経歴[編集]

GM就任まで[編集]

カナダケベック州モントリオールで、ギリシャ系移民2世として生まれる[3]野球経験はなかったが、モントリオール・エクスポズのファンとして育ち、ファンタジーベースボールに熱中していた[1]オンタリオ州マックマスター大学経済学の学位を取得。2000年、エクスポズのジム・ビーティー英語版GMに直接コンタクトを取り、同年からエクスポズの球団スタッフとなる。2003年J・P・リッチアーディに招かれ、トロント・ブルージェイズスカウト部門担当者に就任。2004年にはアテネ五輪野球ギリシャ代表チームにスタッフとして参加。2005年にGM補佐に昇格した[4]

ブルージェイズGM時代[編集]

2009年10月3日J・P・リッチアーディが任期を1年残したままGM職を解任され、後任として32歳の若さでブルージェイズのGMに就任した[5]。同時に、本格的なチーム再建に着手する。長期的な成功を見据えたマイナー組織の充実、若手有望選手の獲得・育成を最優先事項とした[6]

リッチアーディが主観的な評価よりも客観的な指標を重視するマネー・ボール派であったのに対し、スカウト出身であるアンソポロスはスカウトの眼力を重視している。大物FA選手との契約を避けるなどして年俸総額を抑制し、浮いた予算でリッチアーディ時代に縮小されていたスカウト部門の担当者を倍増させ、ドラフトでの戦力発掘に力を入れるようになった[7]。ドラフトをチーム再建の柱として位置付けており、タイプAまたはBに格付けされたFA選手を上位指名権狙いで敢えて他球団に流出させることも多い(2009年オフにはタイプAでボストン・レッドソックスに移籍したマルコ・スクータロ、タイプBでニューヨーク・メッツに移籍したロッド・バラハスの補償として、合計3つの上位指名権を得た)。2010年オフには、コロラド・ロッキーズからトレードによってタイプBのミゲル・オリーボを獲得し、即座にオプション破棄してFAとさせ、ドラフトピックを強引に手に入れる荒業を行った。一方で、リッチアーディのセイバーメトリクス重視路線も踏襲しており、FIPの提唱などで知られるトム・タンゴを球団アドバイザーとして招聘した[8]

中南米のアマチュアFA選手の獲得にも予算を多くつぎ込むことで、下部組織の充実を図っている。その最たる例として、2010年4月にはキューバ出身の遊撃手アデイニー・エチェバリアを4年1000万ドルで獲得している[9]。またベネズエラ出身のアドニス・カルドナを230万ドル、ガブリエル・セナスを70万ドルで獲得した。ドラフトやアマチュアFAによる新人選手の獲得やトレードによって、就任時には「30球団で最悪レベル」と酷評されていたマイナー組織を、1年で大幅に改善させた[10]

2015年は開幕前にジョシュ・ドナルドソン、7月にはトレードでデビッド・プライストロイ・トゥロウィツキーなどの大物選手を獲得。そこからニューヨーク・ヤンキースとの争いを制し、チーム22年ぶりかつ就任以来初の地区優勝を果たした。同年10月29日に退任を表明した[11]

GM退任後[編集]

2016年1月12日ロサンゼルス・ドジャースの野球運営部門副社長に就任することが発表された[12]


GMとしての特徴[編集]

選手獲得の際には、その時点での完成度よりもポテンシャルの高さを優先させ、身体能力に優れる選手を好む傾向にある。特に、投手の場合は長身で三振が多く取れる投手を好む[13]

主なトレード[編集]

GMとしての戦績[編集]

年度 チーム リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 年俸総額[30]
2010年 TOR AL East 162 85 78 .525 4位 7868万ドル
通算 162 85 78 .525

人物[編集]

前任のリッチアーディがメディアにトレード交渉の進行状況を詳細に明かした結果、ハラデイのトレードに失敗したことを教訓として、トレードが成立するまでは極力メディアへ情報を漏らさないように心がけている[31]

語学に堪能であり、英語フランス語スペイン語ギリシャ語の合計4言語を話す[3][32]

2010年1月に結婚。ハワイへの新婚旅行中も他球団とのトレード交渉を継続していた。携帯電話はBlackBerryを利用している[33]

脚注[編集]

  1. ^ a b Richard Griffin (2010-04-05), Griffin: New GM Anthopoulos the reluctant face of the Jays, Toronto Star(英語), 2010年11月15日閲覧
  2. ^ ブルージェイズがゴンザレスと1年契約,Sponichi Annex,2010年1月24日閲覧
  3. ^ a b 2010's people to watch: Alex Anthopoulos, Toronto Blue Jays GM,Toronto Star(英語),2010年1月24日閲覧
  4. ^ Richard Griffin,'Kid' Alex Anthopoulos takes over as Jays GM,Tronto Star(英語),2010年1月24日閲覧
  5. ^ Jordan Bastian / MLB.com,Ricciardi out as Blue Jays GM,MLB.com(英語),2010年1月25日閲覧
  6. ^ Jordan Bastian / MLB.com,Anthopoulos building up Jays' farm system,bluejays.com(英語),2010年1月25日閲覧
  7. ^ Jays ready to embrace risk in search of elite players in draft,TSN(英語),2010/08/10閲覧
  8. ^ Colby Cosh (2010-04-18),The secret weapon Can an anonymous stats guru turn the Blue Jays around?, Macleans.ca(英語), 2010年11月15日閲覧
  9. ^ By Jordan Bastian / MLB.com. “Jays complete signing of Hechavarria | bluejays.com: News”. Toronto.bluejays.mlb.com. http://toronto.bluejays.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20100413&content_id=9272034&vkey=news_tor&fext=.jsp&c_id=tor 2010年6月2日閲覧。 
  10. ^ Nathan Rode (2010-11-05), Toronto Blue Jays Top 10 Prospects ,BaseballAmerica(英語), 2010年11月15日閲覧
  11. ^ MacLeod, Robert (2015年10月29日). “Blue Jays face uncertain future upon Alex Anthopoulos' departure”. theglobeandmail.com. 2015年11月13日閲覧。
  12. ^ Weisman, Jon (2016年1月12日). “Alex Anthopoulos joins Dodger front office”. dodgers.com. 2016年7月28日閲覧。
  13. ^ Tom Verducci (2010-08-10),The Blue Jays' blueprint for success, SI.com(英語), 2010年11月15日
  14. ^ Jonathan Mayo and Lisa Winston / MLB.com,Seven prospects involved in blockbuster,bluejays.com(英語),2010年1月25日閲覧
  15. ^ Jays get Morrow, send League to M's,MLB.com(英語),2010年1月25日閲覧
  16. ^ a b Tim Dierkes,Alex Anthopoulos' First Year,MLB Trade Rumor(英語),2010/08/10閲覧
  17. ^ Jordan Bastian (2010-11-05), Jays acquire Olivo, then decline his option, bluejays.com(英語), 2010年11月15日閲覧
  18. ^ Blue Jays get Napoli, Rivera from Angels Toronto acquires pair in exchange for Wells [1],bluejays.com(英語),2011年1月22日閲覧
  19. ^ Transactions[2]bluejays.com(英語),2012年1月27日閲覧
  20. ^ Transactions[3]bluejays.com(英語),2012年1月27日閲覧
  21. ^ Transactions[4]bluejays.com(英語),2012年11月14日閲覧
  22. ^ R.A. Dickey deal official as Blue Jays acquire ace MLB.com
  23. ^ Blue Jays acquire Estrada from Brewers for Lind
  24. ^ [5]
  25. ^ Chris Towers (2015年7月28日). “Fantasy analysis: Breaking down the Troy Tulowitzki, Jose Reyes trade” (英語). CBSSports.com. http://www.cbssports.com/mlb/fantasy-baseball-today/25252130/all-star-shortstops-find-new-homes-in-trade 2015年7月29日閲覧。 
  26. ^ ブルージェイズがまた電撃トレード!! タイガースからD.プライスを獲得”. ISM (2015年7月31日). 2015年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月7日閲覧。
  27. ^ Tigers trade David Price to Blue Jays” (英語). ESPN (2015年7月30日). 2015年8月1日閲覧。
  28. ^ ブルージェイズがさらなる補強、俊足外野手と救援右腕をトレードで獲得”. ISM (2015年8月1日). 2015年8月2日閲覧。
  29. ^ Phils pick up pair of pitching prospects for Revere”. MLB.com (2015年7月31日). 2015年8月1日閲覧。
  30. ^ 数字は開幕時の年俸総額。他球団の年俸負担選手分も含む。Cot's Baseball Contracts: Toronto Blue Jays,2010年11月15日閲覧
  31. ^ BLUE JAYS RUMOUR MILL: HALLADAY TO RED SOX NOT RULED OUT,TSN.ca(英語),2010年1月25日閲覧
  32. ^ Anthopoulos chats with Blue Jays fans,Bluejays.com(英語),2010年1月24日閲覧
  33. ^ Jordan Bastian / MLB.com,Owners backed GM's pursuit of Chapman,MLB.com(英語),2010/01/25閲覧

外部リンク[編集]