アレックスキッドのミラクルワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレックスキッドのミラクルワールド
ジャンル アクション
対応機種 セガ・マークIII / マスターシステム
(オリジナルプラットホーム)
Wiiバーチャルコンソール[注 1]
Xbox Live Arcade
PlayStation Network
Nintendo SwitchSEGA AGES
開発元 セガ第6研究開発部
運営元 セガ・エンタープライゼス(後のセガゲームス
プロデューサー 中山隼雄 (エグゼクティブプロデューサー)
林田浩太郎(オサール・コウタ)
ディレクター 林田浩太郎(オサール・コウタ)
デザイナー 林田浩太郎(オサール・コウタ)
プログラマー 中裕司 (新田タイ裕二)
パパ浩一
音楽 上保徳彦(Bo)
美術 林田浩太郎(オサール・コウタ)
小玉理恵子(フェニックスりえ)
人数 1人
メディア カートリッジ、ダウンロード
一部ゲームハードにプリインストール(最初から内蔵)
売上本数 1986年11月1日(カートリッジ)
1990年(プリインストール)
2008年5月13日(バーチャルコンソール)[注 1]
2012年5月23日(PSN/360 Live Arcade)
2019年2月21日(Nintendo Switch)
テンプレートを表示

アレックスキッドのミラクルワールド』は、1986年11月1日にセガ(後のセガゲームス)から発売されたセガ・マークIII(以下「マークIII」)用のソフト。英題『 ALEX KIDD IN MIRACLE WORLD 』(日本で発売されたゲームのタイトル画面においても英題のロゴが使われている)。

概要[編集]

セガのコンシューマーゲーム機用ソフトにおいて、1980年代に生み出されたキャラクターの中でも著名な一つとして認知されている「アレックスキッド」のデビュー作であり、代表作の一つである[1]

アレックスキッドはセガが当時テレビゲーム業界を席巻していた任天堂の『スーパーマリオブラザーズ』のように「売れるゲーム」を欲し、数あるトライアルの中から登場した[2](アレックスキッド自体に関する詳細は、当該の項目記事を参照)。

ストーリー[編集]

侵略者「じゃんけん大王」に支配された世界を取り戻し、さらわれた双子の兄イグルを救うべく、「ブロッ拳」の持ち主であるアレックスキッドが立ち上がる[3][4]

登場人物[編集]

アレックスキッド
主人公。通称アレク。太陽石のメダルと地図を手に、じゃんけん大王へ戦いを挑む。
じゃんけん大王
ジャンバリク星皇帝で、パープリン、チョッキンナ、グースカといった部下を従えてラダクシャン侵略をたくらむ。
ぬらり仙人
アレクにブロッ拳を教えた人物。
イグル
アレクの双子の兄。前年に発売されたアクションパズルゲーム『不思議のお城ピットポット』の主人公[5]
ルーニー姫
イグルの婚約者。今度はじゃんけん大王にさらわれる。

移植[編集]

原典(オリジナル)プラットホームであるマークIII・マスターシステム用ソフトとしては、日本国内ではカートリッジとして発売された。

1990年、アメリカ・オーストラリア・ヨーロッパ向けに販売されていた「マスターシステムII」とオーストラリア・ヨーロッパ向けのマスターシステムでは、幾つかの改訂が施されたバージョンがゲーム機本体に内蔵されてリリースされた。

  • 元のバージョンがボタン2で攻撃して1でジャンプするのに対し、改良版はそれが逆になっている[注 2]
  • ゲーム内でアレックスがおにぎりを食べる場面はハンバーガーに差し替えられた(2008年5月13日に配信開始されたバーチャルコンソール版[注 3]は、おにぎりのまま[注 4])。

韓国版マスターシステム「GUM BOY」には、タイトルロゴがハングル化された版が内蔵された。

2012年5月23日Xbox Live Arcadeを利用したダウンロード用ソフトソリーズ「セガクラシックコレクション」の一つとして、別作『スーパーハングオン』『ザ・スーパー忍』とセットで配信された。PlayStation Networkでもプレイステーション3版「セガエイジスオンライン」の一つとして配信された。タイムアタック(本編最終面など、プレイヤーのテクニカルな操作が求められるステージの早解き)や全ステージのお金回収を目指す「トライアルモード」が実装されている[6]

Nintendo Switch版[編集]

日本国内では2019年2月21日、Nintendo Switchへの移植版が「SEGA AGES」シリーズの一つとしてダウンロード専売でリリースされた[注 5](以下「Switch版」)。「SEGA AGES」シリーズのコンセプトである「完全移植は大前提、その上で更に楽しく遊ぶための付加価値要素」を多分に含んだものとなる。以下特筆のない場合は、この付加価値要素を加えた「AGESモード」について記載。

  • オリジナル版は本来マークIIIの拡張機器「FMサウンドユニット」には非対応だったが、仮想的に対応。オプションでBGMをオリジナル版とFM音源版で切り替え出来る。
  • オリジナル版の開発時に作曲されたが未使用であった(本作サウンドトラックCDに収録されたことはある)「スコパコサイクルのテーマ曲」を一部ステージで使用。このほか同仕様で新規に作曲したBGMも使用。
  • 一部ステージ冒頭には、マークIIIのグラフィックタッチを再現したドットピクセルによる新規デモ画面を挿入。
  • 「ヘルパー機能」と名付けられた要素を実装。ゲーム中、任意で約5秒リワインド(プレイの巻き戻し)が可能となる。
  • コンティニューの簡易化[注 6]

当時の美術担当者の小玉理恵子がディレクターを務めた際、製作が決定した[6]

奥成から「PS3とXbox360版を入れつつ、新しい追加要素も何かやりましょう!」と当初から提案した。「セガエイジスオンライン」にあった「トライアルモード」は「チャレンジモード」と名称を変更したが、「お金持ちに挑戦」は全ステージクリアが条件のため除外している[6]

新規デモ画面に関してはカラーはセガ・マークIII準拠になり、当時の絵柄を再現しつつスタッフが愛情を込めて描いたが堀井からアレクのイメージがシニカルな絵だと損ねる恐れがある為似て無いと判断され、シニカルな絵を描かない事にした[6]

FM音源アレンジは「セガ3D復刻アーカイブス2」のマスターシステムの「ファンタジーゾーン」のFM音源がレジスターを改変し、アーケード版に近いアレンジだったが本作はChibi-Techが元の良さと当時のセガ風を再現した。しかしFM音源だとSEはPSGでは鳴らなくなり、BGMはPSGを鳴らそうとするとノイズが入る様になる[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2019年1月31日で配信終了。
  2. ^ 移植版はバーチャルコンソール版のWiiリモコン横持ち操作を除いてはジャンプがBボタン、パンチがAボタン・Yボタンに配されているため、デフォルトでいずれの操作も可能(ボタン名は任天堂ハードのもの。他機種のボタン名は異なるが同様の配置)。更にSwitch版はオプションで任意のボタン配置が可能。
  3. ^ 2019年1月31日14時59分を以ってサービス終了に伴い、配信は終了。現在は新規ダウンロード不可(既にダウンロード・購入し本体や記録媒体に収録されているものについては、当面はプレイ可能)。
  4. ^ Switch版は、オリジナル版と海外版2バージョン(メッセージは双方とも英語だが「おにぎり」と「ハンバーガー」の2バージョン両方とも)収録、オプションで選択してプレイ出来る。
  5. ^ Switch版は2018年4月にセガグループ全体で開催した「セガフェス2018」内イベントにて告知された[7]
  6. ^ 従来はゲームオーバー時に「上を押しながらボタンを8回押す」操作が必要。

出典[編集]

  1. ^ Ferrer, Josep Rodriguez i (2006年8月4日). “Alex Kidd in Miracle World”. VicioJuegos.com. http://www.viciojuegos.com/critica.jsp?idCritica=2626&idJuego=4051 2009年7月11日閲覧。 
  2. ^ 名作アルバム VOL.4 アレックスキッドのミラクルワールド”. セガ. 2012年6月16日閲覧。
  3. ^ Alex Kidd in Miracle World (videogame)”. 2011年9月19日閲覧。
  4. ^ Alex Kidd In Miracle World Story”. 2011年9月19日閲覧。
  5. ^ 名作アルバム VOL.4 アレックスキッドのミラクルワールド”. セガ. p. 2. 2018年4月16日閲覧。
  6. ^ a b c d e 「SEGA AGES アレックスキッドのミラクルワールド」インタビュー”. GAME Watch (2019年2月21日). 2019年2月21日閲覧。
  7. ^ 新生SEGA AGES『アレックスキッドのミラクルワールド』と『ゲイングランド』がNintendo Switchで復刻決定!【セガフェス2018】”. ファミ通. エンターブレイン (2018年4月15日). 2018年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]