アレックスキッドのミラクルワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレックスキッドのミラクルワールド
ジャンル アクション
対応機種 セガ・マークIII&マスターシステム
Wiiバーチャルコンソール)、Xbox Live ArcadePlayStation Network
開発元 セガ
プロデューサー 小玉理恵子(フェニックスりえ)
デザイナー 林田浩太郎(オサール・コウタ)
音楽 上保徳彦(Bo)
人数 1人
メディア カートリッジ、ダウンロード(なお、一部のハードウェアには最初から内蔵されている)
売上本数 1986年11月1日(カートリッジ)
1990年(ハードウェア内蔵)
2008年5月13日(バーチャルコンソール)
2012年5月23日(PSN/360 Live Arcade)
テンプレートを表示

アレックスキッドのミラクルワールド』は、1986年11月1日に発売されたセガ・マークIII用のソフト。

概要[編集]

1980年代の主要キャラクター「アレックスキッド」のデビュー作で、彼の代表作の一つである[1]セガが任天堂の「スーパーマリオブラザーズのように売れるゲーム」を作るべく登場したのがアレックス・キッドである[2]

ストーリー[編集]

侵略者「じゃんけん大王」に支配された世界を取り戻し、さらわれた双子の兄イグルを救うべく、「ブロッ拳」の持ち主であるアレックスキッドが立ち上がる[3][4]

登場人物[編集]

アレックスキッド
主人公。通称アレク。太陽石のメダルと地図を手に、じゃんけん大王へ戦いを挑む。
じゃんけん大王
ジャンバリク星皇帝で、パープリン、チョッキンナ、グースカといった部下を従えてラダクシャン侵略をたくらむ。
ぬらり仙人
アレクにブロッ拳を教えた人物。
イグル
アレクの双子の兄。
ルーニー姫
イグルの婚約者。

移植[編集]

このゲームは当初カートリッジのみの発売だったが、1990年、アメリカ・オーストラリア・ヨーロッパ向けのマスターシステムIIとオーストラリア・ヨーロッパ向けのマスターシステムに、このゲームの改良版が内蔵された。元のバージョンがボタン2で攻撃して1でジャンプするのに対し、改良版はそれが逆になっている。また、ゲーム内でアレックスがおにぎりを食べる場面はハンバーガーに差し替えられた(2008年5月13日に配信開始されたバーチャルコンソール版はおにぎりのまま)。韓国版マスターシステムのGUM BOYには、タイトルロゴがハングルのアレックスキッドが内蔵された。

2012年5月23日、このゲームは『スーパーハングオン』と『ザ・スーパー忍』とセットでセガクラシックコレクションとしてXbox Live Arcadeに収録され、PlayStation Networkでもプレイステーション3版のセガエイジスオンラインで配信された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ferrer, Josep Rodriguez i (2006年8月4日). “Alex Kidd in Miracle World”. VicioJuegos.com. http://www.viciojuegos.com/critica.jsp?idCritica=2626&idJuego=4051 2009年7月11日閲覧。 
  2. ^ 名作アルバム VOL.4 アレックスキッドのミラクルワールド”. セガ. 2012年6月16日閲覧。
  3. ^ Alex Kidd in Miracle World (videogame)”. 2011年9月19日閲覧。
  4. ^ Alex Kidd In Miracle World Story”. 2011年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]