アレクセイ・ミハイリチェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクセイ・ミハイリチェンコ Football pictogram.svg
Oleksiy Mykhaylychenko1.JPG
名前
本名 アレクセイ・ウラージミロビチ
・ミハイリチェンコ
カタカナ アレクセイ・ミハイリチェンコ
ラテン文字 Alexei Mihailichenko
ウクライナ語

ロシア語
Олексій Михайличенко
Алексей Михайличенко
基本情報
国籍 ウクライナの旗 ウクライナ
生年月日 (1963-03-30) 1963年3月30日(53歳)
出身地 キエフ
身長 179cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MF
代表歴
1987-1992 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 36 (9)
1992  CIS 5 (0)
1993-1994 ウクライナの旗 ウクライナ 2 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレクセイ・ミハイリチェンコウクライナ語: Олексій Михайличенко, Alexei (Oleksiy) Mihailichenko, 1963年3月30日 - )は旧ソビエト連邦出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF。中盤のダイナモ、圧倒的な運動量でチームを牽引した。

略歴[編集]

ディナモ・キエフの下部組織でサッカーを学び、同クラブの一員として1986年にUEFAカップウィナーズカップ優勝、 ソ連代表の一員として1988年の欧州選手権準優勝、ソウルオリンピック優勝などに貢献した。しかし、1990年のワールドカップ・イタリア大会は大会直前に骨折し出場機会を逃した。その後、移籍した海外のクラブでは常にリーグ優勝を果たしが、代表レベルでは1991年のソ連崩壊により国家形態が目まぐるしく変わっていった事もあり、ワールドカップ出場を果たす事は出来なかった。

現役引退後は指導者の道へ進み、ヴァレリー・ロバノフスキーの後を継ぎディナモ・キエフ監督を務めた後、ウクライナU-21代表、ウクライナA代表も指揮した。

経歴[編集]

選手歴[編集]

代表歴[編集]

指導歴[編集]

  • 2002-2004 ウクライナの旗 FCディナモ・キエフ 
  • 2004-2008 ウクライナの旗 ウクライナU-21代表
  • 2008-2009 ウクライナの旗 ウクライナ代表

タイトル[編集]

代表[編集]

  • オリンピック:1回 (1988)

クラブ[編集]

指導者[編集]

個人[編集]

脚注[編集]