アレクサンドル・ヴァレフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレクサンドル・コロンナ=ヴァレフスキ
Alexandre Colonna-Walewski
Comte Walewski Congrès de Paris 1856 BNF Gallica.jpg
生年月日 (1810-05-04) 1810年5月4日
出生地 Flag of Poland (1807–1815).svg ワルシャワ公国ヴァレヴィツェ
没年月日 (1868-10-27) 1868年10月27日(58歳没)
死没地 フランスの旗 フランス帝国ストラスブール

在任期間 1855年5月7日 - 1860年1月4日

立法院議長
在任期間 1865年8月29日 - 1867年3月23日
テンプレートを表示
父ナポレオンによく似ていた
妻のマリアンヌ

アレクサンドル・フロリアン・ジョゼフ・コロンナ=ヴァレフスキ(Alexandre Florian Joseph, comte (prince) Colonna-Walewski, 1810年5月4日 - 1868年10月27日)は、フランス第二帝政の政治家、貴族。ナポレオン・ボナパルトと愛人マリア・ヴァレフスカとの間にできた庶子。

来歴[編集]

1810年生まれ。ナポレオンがポーランド遠征時に出会った人妻のマリア・ヴァレフスカ伯爵夫人との間に生まれたが、夫のヴァレフスキ伯爵が自分の子として認知した。しかし間もなくこの2人は離婚し、1817年、7歳のときに母は病死した。何度か会っただけの実父ナポレオンも、1821年に死去した。

幼年時代をポーランドで過ごし、独立運動に加わる。17歳でフランスに亡命。母国で革命が起こると革命軍に加わるが、失敗するとフランスに戻り外交官になる。1848年に従兄ルイ=ナポレオン(後のナポレオン3世)が大統領になると接近し、駐マドリード大使、駐ロンドン大使を歴任した。1855年に外務大臣に就任。その後、国務大臣、立法院議長などといった要職を歴任した。

大臣時代には、実父のナポレオンと生き写しの声と容姿をしていたために、外国人から彼がナポレオン3世だと間違われることがあった。また、美貌の妻マリアンヌとナポレオン3世が浮気をしていて、その情交の現場を目撃したこともある。

1860年ごろから馬車で外出することもできないほどの体調不良となり、自宅に籠る[1]。1868年10月27日、ストラスブール脳梗塞のため死去し、ペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
シャルル・ド・モルニー
立法院議長
1865年 – 1867年
次代:
ウジェーヌ・シュナイダー
先代:
エドゥアール・ドルーアン・ド・リュイス
外務大臣
1855年 – 1860年
次代:
ピエール・ジュール・バロシュ