アレクサンドル・ムィシュラエフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アレクサンドル・ザハリエヴィッチ・ムィシュラエフスキーロシア語: Александр Захарьевич Мышлаевский1856年3月12日 - 1920年)は、ロシア帝国の軍人、歩兵大将。参謀総長参謀本部総局長等を歴任する。

経歴[編集]

Мышлаевский А.З.jpg

  • 1877年 - ミハイロフ砲兵学校卒業
  • 1884年 - 参謀本部アカデミー卒業
  • 1898年 - 参謀本部アカデミー戦争術史教授
  • 1899年~1904年 - 参謀本部軍事登録文書部長
  • 1908年~1909年 - 参謀総長
  • 1909年3月 - 参謀本部総局長
  • 1909年9月 - 第2カフカーズ軍団長
  • 1913年 - 軍事部隊担当カフカーズ総督補佐官。第一次世界大戦勃発と共に、カフカーズ軍総司令官補佐官
  • 1915年12月 - 冶金委員会議長兼国家防衛特別会議冶金産業問題全権代表
  • 1916年8月 - 冶金補給全権代表
  • 1917年3月~6月 - カザン軍管区司令官
  • 1917年10月 - カフカーズ戦線本部に出向
  • 1917年12月 - カフカーズ軍管区本部附属の第一次世界大戦の経験を総括するカフカーズ戦史委員会委員長

参考文献[編集]

  • Советской военной энциклопедии в 8-ми томах, том 5.
先代:
アレクセイ・エヴェルト
ロシア帝国軍参謀総長
1908年 - 1909年
次代:
ニコライ・ミフネヴィッチ