アレクサンドル・ベロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
男子 バスケットボール
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
オリンピック
1972 ミュンヘン 団体
1976 モントリオール 団体
バスケットボール世界選手権
1974 団体
1970 団体
バスケットボール欧州選手権
1969 団体
1971 団体
1975 団体

アレクサンドル・ベロフ(Alexander Alexandrovich Belov (ロシア語: Александр Александрович Белов 1951年11月11日-1978年10月3日)はレニングラード出身のソビエト連邦バスケットボール選手。1972年のミュンヘンオリンピックソ連代表として出場、アメリカ代表との決勝戦の試合時間残りわずか数秒残したところロングパスを受けた彼のシュートが決まり、51-50でソ連が金メダルを獲得した。

スパルタク・レニングラードに所属して、1975年にはソ連リーグ優勝を果たしている。またヨーロッパのクラブ対抗戦であるサポルタ・カップの決勝に1971年、1973年、1975年と3度連続決勝に進出、1973年、1975年には優勝を味わった。1978年に非常にまれな病である心臓肉腫のため亡くなった。2007年にFIBA殿堂入りを果たした。

ベロフがミュンヘンオリンピックで決めた決勝シュートはレークプラシッドオリンピックアイスホッケーアメリカ合衆国代表の活躍を描いた映画「ミラクル」のオープニング映像で見ることができる。

外部リンク[編集]