アレクサンドル・ピロゴフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレクサンドル・ステパノヴィチ・ピロゴフ
Александр Степанович Пирогов.jpg
基本情報
生誕 (1899-08-04) 1899年8月4日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
死没 (1964-06-28) 1964年6月28日(64歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 声楽家バス

アレクサンドル・ステパノヴィチ・ピロゴフ: Александр Степанович Пирогов英語: Alexander Stepanovich Pirogov1899年8月4日ユリウス暦7月22日) リャザン - 1964年6月26日 リャザン州)はソビエト連邦オペラ歌手バス)。ボリショイ劇場ソリストソ連人民芸術家1937年授与)、スターリン賞受賞者。

経歴[編集]

ロシア帝国リャザンに生まれる。兄弟五人のうちグリゴリーアレクセイミハイル、アレクサンドルの四人が歌手となった。1918年、モスクワ・フィルハーモニー協会附属音楽演劇学校でバス歌手のヴァシーリー・チュチュンニクに声楽を学ぶ。1919年から1922年まで革命軍事会議モスクワ劇場のソリストを務め、1922年から1924年まではジミーン自由歌劇場のソリストとなった。

同劇場の解散後は、1924年から1954年までの30年間にわたりボリショイ劇場のソリストを務め、ロシアや諸外国の古典オペラだけでなく、ソ連の新作オペラまで幅広く役をこなした。ロシア・ロマンス、ロシア民謡もレパートリーとしていた。

1964年、リャザン州で没。

受賞[編集]

出演映画[編集]

  • 1951年:『大演奏会 Большой концерт』(フィルム・コンサート、DVD発売時のタイトルは『ボリショイ黄金期の芸術家たち』)
  • 1954年:『ボリス・ゴドゥノフ』(オペラ映画、ネボルシン指揮)

オペラ録音[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]