アレクサンドル・ドミトリエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレクサンドル・セルゲーヴィチ・ドミトリエフ
生誕 (1935-01-19) 1935年1月19日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国レニングラード
出身地 ロシアの旗 ロシア
学歴  レニングラード音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ドミトリエフロシア語: Александр Сергеевич Дмитриев、ラテン文字転写例: 英語: Alexander Dmitriev, 1935年1月19日 - )は、ロシア指揮者である。

略歴[編集]

レニングラードに生まれる。親はレニングラード・フィルハーモニー交響楽団のメンバーであった。はじめ合唱指揮者を志してレニングラード音楽院に進むが、その後オーケストラ指揮者に志望を変更、ニコライ・ラビノヴィチに師事する。1961年にカレリア放送交響楽団(現カレリア共和国フィルハーモニック・ソサエティ交響楽団)の指揮者としてデビュー。1966年の第2回ソ連指揮者コンクールで優勝し、1968年から1969年までウィーン音楽大学に留学。ハンス・スワロフスキーカール・エスターライヒャーに学ぶ。1970年にレニングラード・フィルハーモニー交響楽団の副指揮者に就任し、ムラヴィンスキーの下で研鑚を積む。その後1971年にはレニングラード国立歌劇場管弦楽団(旧マールイ劇場のオーケストラ)の首席指揮者となり、ベルリン国立歌劇場の常任客演指揮者も経験、1977年にレニングラード交響楽団(現サンクトペテルブルク交響楽団)の芸術監督兼常任指揮者に就任し現在に至る。また1990年から1998年までノルウェースタヴァンゲル交響楽団の首席指揮者をつとめた。1992年までサンクトペテルブルク音楽院で教鞭を取り、2005年にはプーチン大統領から文化功労勲章を授与されている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]