アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・メーンシコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・メーンシコフ
Alexander Sergeyevich Menshikov.jpg
アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・メーンシコフの肖像画、ジョージ・ドー英語版作、1826年。
生誕1787年8月26日
死没1869年5月2日
ロシア ロシア帝国サンクトペテルブルク
所属組織ロシア ロシア帝国
部門ロシア ロシア帝国陸軍
 ロシア帝国海軍
軍歴1809年 - 1856年
最終階級副将
提督
戦闘露土戦争(1806年 - 1812年)
ナポレオン戦争
露土戦争(1828年 - 1829年)
クリミア戦争
受賞聖ゲオルギー勲章英語版

アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・メーンシコフロシア語: Алекса́ндр Серге́евич Ме́ншиков1787年8月26日 - 1869年5月2日)は、ロシア帝国の貴族、軍人、政治家。1817年に陸軍副将[要リンク修正]、1833年に海軍提督に昇進した。

生涯[編集]

大元帥アレクサンドル・ダニーロヴィチ・メーンシコフの曾孫として、1787年8月26日に生まれた。ウィーン駐在ロシア大使館のアタッシェとしてはじめてロシア政府に入り、ナポレオン戦争で皇帝アレクサンドル1世に同伴した後、1823年に退役した[1]。その後は海軍に入隊、アレクサンドル1世の治世に衰退したロシア海軍を再建して、1834年に提督に昇進した[1]。1828年に露土戦争ヴァルナ包囲戦英語版に参戦して軍功を上げたが、オスマン軍の砲撃で負傷した[2]

聖地管理問題をめぐって、1853年にイスタンブールに派遣されオスマン帝国との交渉を命じられた[1][3]。同年にクリミア戦争が開戦すると、陸軍と海軍の総指揮官に任命され、アルマ川の戦い英語版インケルマンの戦い英語版でロシア軍を指揮した[1]。1855年3月、健康上の理由で召還された[1]

1869年5月2日、サンクトペテルブルクで死去した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Menshikov, Alexander Sergeievich" . Encyclopædia Britannica (英語). 18 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 134.
  2. ^ Royle, Trevor (1999). “2-Menshikov's Mission” (英語). Crimea: The Great Crimean War, 1854-1856. Little, Brown and Company. ISBN 0316648493 
  3. ^ Badem, Candan (2010) (英語). The Ottoman Crimean War (1853–1856). pp. 72–79. ISBN 90-04-18205-5