アレクサンドル・スロボジャニク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・スロボジャニクウクライナ語: Олександр Олександрович Слободяник, ラテン文字転写例:Alexander Alexandrovich Slobodyanik, 1941年9月5日 - 2008年8月10日)は、ソビエト連邦出身のピアノ奏者[1]

キエフの生まれ。幼少時より父親の手ほどきでピアノを始め、リヴィウでリディア・ゴレンボにピアノを学んだ。1956年からモスクワ音楽院に進学し、ゲンリフ・ネイガウスとヴェラ・ゴルノスタエヴァに師事。1968年にソル・ヒューロックがモスクワを訪れた際、スヴャトスラフ・リヒテルが推薦してアメリカに行くことになり、その年のうちにカーネギー・ホールでリサイタルを開いて大成功を収めた。以後、ソ連国内とアメリカで名声を高めたが、1989年にアメリカに移住した。

ニュージャージー州モリスタウンにて感染性髄膜炎のため死去[2]

[編集]

  1. ^ アレクサンドル・スロボジャニク - Find a Grave(英語)
  2. ^ [1]