アレクサンドル・ザハルチェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレクサンドル・ザハルチェンコ
Александр Захарченко
Олександр Захарченко
Prime Minister of DPR Aleksandr Zakharchenko, September 8, 2014.jpg
ドネツク人民共和国元首
任期
2014年11月4日 – 2018年8月31日
首相 彼自身
前任者 パヴェル・グバレフ (知事として)
後任者 ドミトリー・トラペズニコフ (代行)
ドネツク人民共和国首相
任期
2014年8月7日 – 2018年8月31日
大統領 パヴェル・グバレフ
彼自身
代理官 ウラジミール・アンチュフェエフ
ラヴィル・ハリコフ
アレクサンドル・ボロダイ
アンドリー・プルギン
前任者 アレクサンドル・ボロダイ
後任者 ドミトリー・トラペズニコフ (代行)
ドネツク軍司令官
任期
2014年5月16日 – 2014年7月6日
前任者 役職創設
後任者 イーゴリ・ストレルコフ
個人情報
生誕 アレクサンドル・ウラジミーロヴィチ・ザハルチェンコ
(1976-06-26) 1976年6月26日
ソビエト連邦ウクライナSSRドネツク
死没 2018年8月31日(2018-08-31)(42歳)
ウクライナ・ドネツク
政党 ドネツク共和国党[1]
配偶者 ナタリア・ザハルチェンコ
子供 4
出身校 ドネツク国立工科大学
署名
兵役経験
所属組織 ドネツク人民共和国
ノヴォロシア
部門 ノヴォロシア連合軍
最終階級

Epaulets Major General Air Force of the Russian Federation.png

少将 DPR[2]
少将 LPR[3]
指揮 オプロート大隊
戦闘 ドンバス戦争

アレクサンドル・ウラジミーロヴィチ・ザハルチェンコロシア語: Алекса́ндр Влади́мирович Заха́рченкоウクライナ語: Олекса́ндр Володи́мирович Заха́рченко英語:Alexander Vladimirovich Zakharchenko:1976年6月26日-2018年8月31日)は分離主義者の指導者[4][5]で、2014年5月11日にウクライナからの独立を宣言した自称国家の反政府グループ「ドネツク人民共和国」(DPR)の元・元首、元首相[6][7][8][9]。ザハルチェンコは、前任者のアレクサンドル・ボロダイ(Alexander Borodai)の辞任後、2014年8月に首相に任命され、2014年11月上旬の首相選で勝利した[10]

ザハルチェンコは2018年に彼が訪れたカフェに仕掛けられていた爆弾の爆発に巻き込まれ死亡した[11][12][13]

初期と私生活[編集]

ザハルチェンコは1976年6月26日にウクライナSSRドネツクで生まれた[14]。彼は工科大学を卒業し、鉱山電気技師として働いた後鉱業でビジネスを始め、内務省の法科協会でも勉強した[15][16][14]。ザハルチェンコには妻ナタリアと4人の息子がいる[17]。彼はアレクサンドル・ティモフェエフの子供たちの名付け親である[18]

政治キャリア[編集]

2010年、ザハルチェンコはオプロート(ハリコフに設立された非政府組織)のドネツク支部長に就任した[14][注 1]

2014年4月16日、こん棒、ライフル、自動火器を装備したオプロートの20人のメンバー[14]がドネツク市議会の事務所を占拠し、この地域の状況に関する住民投票を要求した[19][20]。オプロートはかなり品行方正で人質と拉致被害者の解放を手助けした[19]

2014年4月までに、彼はドネツクの地元民兵組織の指揮官であった(オプロート[15])。 この民兵のメンバーは、主に市民と武道グループで構成されていた[21]。ザハルチェンコは2014年5月16日に「ドネツクの軍司令官」に任命された[22][16]。2014年5月以来、ザハルチェンコはウクライナの中央政府に対する反乱で主導的な役割を果たした。2014年7月22日、彼はKozhevniaでのウクライナ政府軍との戦いで腕を負傷した[14][15]。2014年8月下旬、DPR防衛省はザハルチェンコの少将への昇進を発表した。

ザハルチェンコは2014年8月7日にアレクサンドル・ボロダイの後を継ぎ首相に就任し[23] [24] 、その後、ボロダイはDPR副首相の座に就いた[25]。ボロダイによると、ロシア政府の「蜂起が草の根現象であることを西側に見せようとする」努力のためにドンバス出身のザハルチェンコが彼の後を継いだという[26] 。ボロダイはまた、ザハルチェンコを個人的に首相に推薦したと主張している[26]

ドネツクで新年のツリーの飾りつけ(2014年12月)

2014年9月、ザハルチェンコは、 ドンバス戦争の平和協定に合意したミンスク議定書のDPRの主任交渉者だった[27]

2014年のドネツク議会選挙で、ザハルチェンコは78.93%の票を得て首相に就任した[28]。選挙の翌日にオプロート組織のトップ、エフゲニー・ジリンはロシアのテレビ局Dozhdのインタビューに答えており、彼はザハルチェンコがオプロートのドネツク支部長に任命された経緯とDPRのリーダーとしての彼の立候補がモスクワから奨励された経緯について語った[29]

2015年2月、DPR代表のザハルチェンコはミンスクII平和協定に同意し、これを「ルガンスクおよびドネツク人民共和国の大きな勝利」と呼んだ[30]。ミンスク合意に署名した後、ザハルチェンコは、ウクライナ当局が協定の条件に違反した場合、国境から撤退しなかった場合、またはドネツクの捕虜を釈放しなかった場合、 ハリコフを奪い、デバルツェボのウクライナの大隊を破壊すると述べた。さらに、ザハルチェンコは、デバルツェボ地域内の停戦に固執するつもりはないと述べた[31]。彼はその後、デバルツェボの戦いの終盤の2015年2月17日に脚を負傷した[14][32]。2016年1月、彼は2014年7月のコジェフニアの村をめぐる戦いを「私にとってのマイルストーン」と表現し、それが「我々の最初の攻撃だった。残念なことに、我々は戦いの過程でこの村を事実上破壊した。 家々を焼き払うことによって、我々は自分達の命と我々の人民の命を救った」と語った[33]

政治的立場[編集]

議会選挙キャンペーン中に、ザハルチェンコは潜在的投票者に対し年金が「ポーランドよりも高い」ことを望んでいると語った[34]。ザハルチェンコはドネツクは非常に豊かであるためこれは実現可能であるとし、「アラブ首長国連邦のように(ドネツク人)は石炭、冶金、天然ガスを有しており...(中略)、(彼らと)首長国の違いは、彼らは(首長国で)戦争をしていない(ドネツクはしている)ことだ」と述べた[35]。ザハルチェンコは普通で、良き正しい国家を建設することを約束した[34]

ザハルチェンコはいくつかの同性愛嫌悪の発言をしている。たとえば、彼は次のように述べている。「この世代は民主主義で育ちつつあり、それは家族が二人の父親や二人の母親を持てることを意味する。私には、これはまったく受け入れられない」[36]

ザハルチェンコは死刑を支持していた[37]

2016年後半のツァールグラードTVでのザハール・プリレピンとのインタビューで、彼は英国は征服されなければならず、それが「ロシアの黄金時代」の到来を告げるだろうと語った[38][39]国民ボルシェビキ党の政治活動家であるロシアの作家プリレピンは、ザハルチェンコはウクライナで最も人気のある政治家トップ5の一人であり、ウクライナ大統領に選ばれ得ると述べた[40][41][42][43]。2016年、プリレピンはアレクサンドル・ザハルチェンコが主役の本を出版した[44]

人権侵害[編集]

ドンバスでの戦争中、ドネツク人民共和国では強制失踪の事例が多数存在する。ザハルチェンコは、彼の軍隊が毎日最大5人の「ウクライナの破壊分子」を拘束したと述べた。2014年12月11日までに、約632人が分離主義勢力による違法拘留下にあると推定されている[45]。フリーランスのジャーナリスト、 スタニスラフ・アシエフは、2017年6月2日に拉致された。 当初、 事実上のDPR政府は彼の所在を知らないと否定したが、7月16日、DPRの国家安全保障省のエージェントは、アシエフが拘留中であり、彼にスパイ容疑がかけられていることを認めた。 独立メディアはDPRが管理する領域から報告することが許可されていない。アムネスティは、ザハルチェンコがアシエフを解放することを要求している[46]が、2018年7月時点で彼はまだ拘留中であり、ハンガーストライキを開始していた[47]

死亡[編集]

爆発事件後のカフェ「セパル」とザハルチェンコの一時的な記念碑
映像外部リンク
Exclusive Video Of Assassination Of Donetsk Leader Zakharchenko 爆発の瞬間を捉えた監視カメラ映像(YouTube動画)

ザハルチェンコは、2018年8月31日にドネツクのプーシキン大通りにあるカフェ「セパル」(Separ)で起きた爆弾による爆発で死亡した[48][49]。速報によると、DPRの財務大臣アレクサンドル・ティモフェエフも爆発で負傷した[50]

DPRとロシア連邦はウクライナ政府当局を非難したが、キエフの当局者はこれらの非難を認めず、ザカハルチェンコの死はDPRの内乱の結果であると述べた[51]。最初の報告では、 ドミトリー・トラペズニコフ副首相がドネツク人民共和国の代行トップに任命された[52]

葬儀と慰霊祭は、 ドネツクオペラ・バレエ劇場で9月2日に予定されていた[53] 。3日間の追悼期間が9月1日に宣言され、領土での新学年度の開始は9月4日まで延期された[54]。式典には、南オセチアのアナトリー・ビビロフ大統領、クリミア共和国トップのセルゲイ・アクショノフ、ロシアの議員ナタリア・ポクロンスカヤが参列した[55]

反応[編集]

ロシアのウラジミール・プーチン大統領はザハルチェンコの家族に哀悼の意を表し、彼の死を「卑劣な殺人」と呼んだ[56][57]ロシア外務省の公式広報担当者のマリア・ザハロバは「ますます速い速度で全面的な惨事の危機に駆り立てている」と主張して、ザハルチェンコの死についてウクライナを非難した[58]クリミア共和国の住民は、首都シンフェロポリの中央広場で彼の肖像画に花を手向けてザハチャチェンコの名声を称えた[59]

ルハンスク人民共和国(LPR)のトップ代行であるレオニード・パセチニクは、共和国の追悼式でザハルチェンコに敬意を表して、「アレクサンドル・ザハルチェンコが掲げた闘争の旗は決して落ちることはない」と述べた。 彼はまた、ドンバス地域は「ザハルチェンコの殺害を許さない」と述べた[60]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これが正しければオプロートは2010年には存在していなければならないが、Anna Matveevaによれば「2014年1月にYevgenyi Zhilinがハリコフの反ユーロマイダングループとしてオプロート(拠点)を設立した」(Matveeva, Anna (2017), Through times of trouble, p. 103).

    TASSは「オプロート」が部分的にはmilitsiya(警察組織)と軍隊の退役軍人の家族を援助し、部分的にはウクライナ蜂起軍(UPA)の英雄化の防止、赤軍兵士の遺体の発掘への資金提供、大祖国戦争の英雄の記念碑の世話を行うために2010年に設立されたと述べている。 ( Здание Донецкого горсовета захватили активисты харьковской организации "Оплот" [The offices of Donetsk city council have been seized by activists of the Kharkiv organization "Oplot"], (16 April 2014), https://tass.ru/mezhdunarodnaya-panorama/1125050 

出典[編集]

  1. ^ “Self-proclaimed Donetsk People's Republic to elect its leader, lawmakers”. TASS Russian News Agency. (2014年11月2日). http://en.itar-tass.com/world/757827/ 2014年11月2日閲覧。 
  2. ^ Главе ДНР Александру Захарченко присвоено воинское звание генерал-майор, Donetsk Republic News, (28 August 2016), https://dnr-news.com/dnr/35082-glave-dnr-aleksandru-zaharchenko-prisvoeno-voinskoe-zvanie-general-mayor.html 2018年9月1日閲覧。  "(machine translation)". Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  3. ^ Александру Захарченко присвоили звание генерал-майора ЛНР, lenta.ru, (24 February 2015), https://lenta.ru/news/2015/02/24/general/ 2018年9月1日閲覧。  (machine translation), https://translate.yandex.com/translate?url=https://lenta.ru/news/2015/02/24/general/&lang=ru-en 
  4. ^ Ukraine rebel leader Zakharchenko 'wants 100,000 men'” (2015年2月2日). 2016年10月21日閲覧。
  5. ^ Tisdall (2015年2月16日). “EU gets tough with Russian military leaders – and Soviet-era 'Sinatra'”. 2016年10月21日閲覧。
  6. ^ Pro-Russians: Ukraine's Donetsk 'Independent'”. News.sky.com (2014年5月12日). 2014年6月12日閲覧。
  7. ^ Премьер-министром ДНР стал россиянин Александр Бородай”. 2015年2月9日閲覧。
  8. ^ “Ukraine's bogus referendums”. The Economist. (2014年5月11日). https://www.economist.com/blogs/easternapproaches/2014/05/ukraines-bogus-referendums 2014年5月20日閲覧。 
  9. ^ “Ukraine crisis: Donetsk leader dismisses Kremlin support claim”. Financial Times. (2014年6月3日). http://www.ft.com/intl/cms/s/0/802b9b20-eb0e-11e3-bab6-00144feabdc0.html#axzz33bE8iHMq 2014年6月3日閲覧。 
  10. ^ Alexander Zakharchenko named prime minister of eastern Ukraine after 'election'”. 2016年10月21日閲覧。
  11. ^ “Pro-Russian rebel leader killed in eastern Ukraine blast”. The Washington Post. (2018年8月31日). https://www.washingtonpost.com/world/europe/pro-russian-rebel-leader-killed-in-eastern-ukraine-blast/2018/08/31/12a18336-ad37-11e8-b1da-ff7faa680710_story.html 
  12. ^ “Pro-Russian rebel leader killed in eastern Ukraine blast”. The Guardian. (2018年8月31日). https://www.theguardian.com/world/2018/aug/31/rebel-leader-alexander-zakharchenko-killed-in-explosion-in-ukraine 
  13. ^ “Alexander Zakharchenko: Mass turnout for Ukraine rebel's funeral”. BBC. (2018年9月2日). https://www.bbc.com/news/world-europe-45388657 
  14. ^ a b c d e f Life and Death of Assassinated DPR Head Alexander Zakharchenko”. Sputnik News. 2018年9月1日閲覧。
  15. ^ a b c Ukraine crisis: Key players in eastern unrest”. BBC (2014年8月28日). 2016年10月21日閲覧。
  16. ^ a b "Новая элита Донбасса: неудачники, предатели, романтики, авантюристы, марионетки… Продолжение". ОстроВ (Ostrov). 25 June 2014. 2019年8月17日閲覧
  17. ^ "У Захарченко родился сын". lenta.ru. 30 July 2015. Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  18. ^ Carol, Oliver (1 September 2018), “Pro-Russian rebel leader Alexander Zakharchenko killed in explosion, several separatist commanders in eastern Ukraine have met their end in suspicious circumstances”, The Independent, https://www.independent.co.uk/news/world/europe/alexander-zakharchenko-dead-pro-russia-leader-explosion-latest-news-a8517071.html 2018年9月2日閲覧。 
  19. ^ a b Matveeva, Anna (2017), Through times of trouble, conflict in Southeastern Ukraine explained from within, Lexington Books, p. 103, ISBN 978-1498543231 
  20. ^ Здание Донецкого горсовета захватили активисты харьковской организации "Оплот" [The offices of Donetsk city council have been seized by activists of the Kharkiv organization "Oplot"], (16 April 2014), https://tass.ru/mezhdunarodnaya-panorama/1125050 
  21. ^ Separatists tighten grip on east Ukraine, EU agrees more sanctions on Moscow” (2017年4月14日). 2018年9月1日閲覧。
  22. ^ In cabinet separatists included people close to the "regionals"”. Ukrayinska Pravda (2014年5月16日). 2018年9月1日閲覧。
  23. ^ Russian resigns to make way for Ukrainian as new head of 'Donetsk People's Republic'”. The Guardian. 2015年2月9日閲覧。
  24. ^ August 7, 2014 – RT News”. 2014年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月9日閲覧。
  25. ^ Boroday tired of 'prime minister'”. Ukrayinska Pravda (2014年8月7日). 2018年9月1日閲覧。
  26. ^ a b Ex-Rebel Leaders Detail Role Played by Putin Aide in East Ukraine” (2017年5月1日). 2018年9月1日閲覧。
  27. ^ “Ukraine deal with pro-Russian rebels at Minsk talks”. BBC News. (2014年9月19日). https://www.bbc.com/news/world-europe-29290246 2014年9月19日閲覧。 
  28. ^ Донецькі бойовики за ніч порахували голоси: "переміг" Захарченко”. Українська правда. 2015年2月9日閲覧。
  29. ^ The head of Oplot told about lobbying of the Zakharchenko's candidacy on a post of the head of DPR (Глава "Оплота" рассказал о лоббировании кандидатуры Захарченко на пост главы "ДНР"). Dozhd. 4 November 2014
  30. ^ Weaver (2015年2月12日). “Ukraine ceasefire agreed at Belarus talks”. The Guardian. 2016年10月21日閲覧。
  31. ^ Zakharchenko threatens to occupy Mariupol and Kharkiv”. 2018年9月1日閲覧。
  32. ^ “Ukraine Rebels Celebrate Their Taking of Debaltseve”. The New York Times. (2015年2月23日). https://www.nytimes.com/2015/02/24/world/europe/ukraine-rebels-celebrate-victory-at-strategic-city-with-a-festive-rally.html 2015年2月24日閲覧。 
  33. ^ Shamanska, Anna (2016年1月27日). “Separatist Leader Admits To Razing Ukrainian Village, Hails 'Good' Soviet Ideology”. Radio Free Europe/Radio Liberty. http://www.rferl.org/content/ukraine-russia-zakharchenko-razing-village-good-soviet-ideology/27515228.html 
  34. ^ a b East Ukraine separatists hold vote to gain legitimacy, promise normalcy, Reuters (30 October 2014)
  35. ^ Donetsk People's Republic campaign reveals shambolic tendencies, Financial Times (23 October 2014)
  36. ^ Violation of LGBTI Rights in Crimea and Donbass: The Problem of Homophobia in Territories Beyond Ukraine’s Control (PDF)”. Center for Civil Liberties. pp. 24 (2016年). 2019年7月6日閲覧。
  37. ^ The leader of the militants, "DNR" justifies the death penalty, Ukrayinska Pravda (25 February 2016)
  38. ^ KyivPost vol. 21, issue 50 p. 4 (9 December 2016)
  39. ^ "Zakharchenko blames Russia's plight on Anglo-Saxons, says Britain must be conquered. VIDEO". Censor.net (ロシア語). 6 December 2016. Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  40. ^ Maksimovich, M. Prilepin: Zakharchenko became one of the most popular politicians in Ukraine (Прилепин: Захарченко стал одним из самых популярных политиков Украины). Replyua. 17 July 2017
  41. ^ Prilepin placed Zakharchenko into the top–5 popular politicians of Ukraine (Прилепин определил Захарченко в топ-5 популярных политиков Украины). Donpress. 17 July 2017
  42. ^ Russian propaganda spotted in Zakharchenko the new president of Ukraine (Российская пропаганда увидела в Захарченко нового президента Украины). Gazeta.ua. 25 October 2017
  43. ^ Prilepin told about the "covered sociology": Alexander Zakharchenko has 100% chance to make to the second round at the presidential elections in Ukraine (Прилепин рассказал о "закрытой социологии": У Александра Захарченко есть 10О%-й шанс выйти во второй тур на выборах президента Украины). Antifascist. 17 July 2017
  44. ^ "I want that Alexander Zakharchenko would become the president of Ukraine" – Zakhar Prilepin ("Хочу, чтобы Александр Захарченко стал президентом Украины" – Захар Прилепин). Rusvesna. 21 June 2016
  45. ^ Report on the human rights situation in Ukraine: 1 December 2014 to 15 February 2015 (PDF)”. Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights. pp. 4, 9 (2015年3月2日). 2015年3月3日閲覧。
  46. ^ “Urgent Action: Imprisoned Journalist Must Be Released” (プレスリリース), Amnesty International, (2017年7月21日), https://www.amnesty.org.uk/files/2017-07/FI16017_2.pdf?TRhWAnU9V9A389Kj6RGAvval.yqFVY_j 2018年2月10日閲覧。 
  47. ^ Journalist im Hungerstreik | Amnesty International” (ドイツ語). www.amnesty.de. 2018年9月5日閲覧。
  48. ^ "Ukrainian Separatist Leader Zakharchenko Killed in Cafe Blast". Radio Free Europe/Radio Liberty. 31 August 2018. Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  49. ^ The Head of Donetsk Republik Zakharchenko is Killed, geopolitica.ru, (31 August 2018), https://www.geopolitica.ru/en/news/head-donetsk-republik-zakharchenko-killed 2018年9月3日閲覧。 
  50. ^ Ukraine crisis: Blast kills top Donetsk rebel Zakharchenko, BBC, (31 August 2018), https://www.bbc.com/news/world-europe-45371270 
  51. ^ "Стали известны обстоятельства гибели Захарченко". lenta.ru. 31 August 2018. Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)
  52. ^ “Deputy PM Dmitry Trapeznikov becomes interim Donetsk People's Republic head”. TASS. (2018年8月31日). http://tass.com/world/1019511 2018年8月31日閲覧。 
  53. ^ “Slain Donetsk head Zakharchenko to be buried on September 2”. TASS. (2018年8月31日). https://tass.com/world/1019525/amp 2018年9月1日閲覧。 
  54. ^ Zakharchenko's Funerals”. Front News International (2018年9月1日). 2018年9月1日閲覧。
  55. ^ Sputnik (2018年5月25日). “Farewell Ceremony to Honor Assassinated DPR Head Zakharchenko Starts in Donetsk – Sputnik International”. Sputniknews.com. 2018年9月3日閲覧。
  56. ^ “После убийства Захарченко Путин пообещал, что "Россия всегда будет с народом Донбасса"”. NEWSru.com. https://www.newsru.com/russia/31aug2018/putin.html 2018年9月2日閲覧。 
  57. ^ Condolences over the tragic death of Alexander Zakharchenko, Vladimir Putin expressed his deep condolences following the tragic death of Head of the Donetsk People's Republic Alexander Zakharchenko”. President of Russia (2018年8月31日). 2018年9月1日閲覧。
  58. ^ “Russia expects OSCE's assessments in wake of DPR leader's assassination”. TASS. (2018年8月31日). https://tass.com/world/1019528 2018年9月1日閲覧。 
  59. ^ Donetsk Residents Honor Memory of Assassinated DPR's Leader Zakharchenko”. Sputnik News (2018年9月1日). 2018年9月1日閲覧。
  60. ^ “Donbass will not forgive Zakharchenko's murder – acting head of LPR”. TASS. (2018年9月1日). https://tass.com/world/1019555/amp 2018年9月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]