アレクサンドル・アルブーゾフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレクサンドル・アルブーゾフ
A. E. Arbuzov 1914.jpg
生誕 (1877-10-12) 1877年10月12日
死没 1968年1月22日(1968-01-22)(90歳)
研究機関 カザン大学
出身校 カザン大学
博士課程
指導教員
アレクサンデル・ザイツェフ
主な業績 ミカエリス・アルブーゾフ反応
プロジェクト:人物伝

アレクサンドル・アルブーゾフ(Aleksandr Arbuzov)は、ロシア帝国ソビエト連邦化学者である。ミカエリス・アルブーゾフ反応の発見で知られる。

ビリャルスクで生まれ、カザン大学アレクサンデル・ザイツェフの下で教育を受けた[1]。1900年に卒業して、1911年に同大学の教授となり、第二次世界大戦後には、ソビエト連邦有機化学研究所の責任者となった。

1943年にスターリン国家賞を授与された。

科学的な研究に加え、A Brief Sktech of the Development of Organic Chemistry in Russian (1948)という著書も著している。

関連文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ Lewis, D.E. (1994). “The University of Kazan: Provincial Cradle of Russian Organic Chemistry. Part II: Aleksandr Zaitsev and His Students”. The Journal of Chemical Education 71: 91–95. Bibcode1994JChEd..71...91O. doi:10.1021/ed071pA91.