アレクサンドリアのアエデシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アエデシア (ギリシャ語: Αἰδεσία)は、5世紀アレクサンドリア出身のネオプラトニズムの女性哲学者[1] シリアヌスの親族で、ヘルミアスの妻。美貌と徳を兼ね備えた人物として知られた。夫の死後、貧困の軽減に尽力し、息子のアンモニオスヘリオドロスの教育に力を入れた。その後息子たちと共に哲学を学ぶべくアテネへ赴き、プロクロスなどすべての哲学者から卓越した評価を受けた。

脚注[編集]