アレクサンドラ・パフムートワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アレクサンドラ・ニコライエヴナ・パフムートワ
Aleksandra Pakhmutova.jpg
アレクサンドラ・パフムートワ(2004年)
基本情報
生誕 (1929-11-09) 1929年11月9日
出身地 ロシアの旗 ロシアスターリングラード(現ヴォルゴグラード
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家
担当楽器 ヴァイオリン
公式サイト パフムートワ公式サイト

アレクサンドラ・ニコライエヴナ・パフムートワAleksandra Nikolayevna Pakhmutova, Александра Николаевна Пахмутова, 1929年11月9日 - )はロシア作曲家

ウラジーミル・プーチン大統領と(2000年)

経歴[編集]

1929年、スターリングラード(現在のヴォルゴグラード)近郊に生まれる。1936年、6歳で町の音楽学校に入学し、戦争まで在学した。1942~1943年にはカラガンダへ疎開し、そこでも音楽教育を受け続けた。1943年の秋にモスクワ音楽院の付属学校へ移り、ピアノと作曲をヴィッサリオン・シェバリーンニコライ・ペイコの下で学んだ。そして、1948年にモスクワ音楽院の作曲科に入学する。シェバリーンについて学び、1953年に優秀な成績で卒業する。その後研究科に在学し、1956年に卒業した。 1963~1991年、ソビエト連邦作曲家同盟幹部の秘書。

作品[編集]

作品には「ロシア組曲」「トランペット協奏曲」「青春序曲」「管弦楽のための協奏曲」などの管弦楽曲カンタータ合唱などの子どものための曲、映画音楽などがある。また「心さわぐ青春の歌」をはじめとする400曲以上の歌曲を作曲したことでも知られている。

文献[編集]

  • Добрынина Е., Александра Пахмутова, М., 1973.(E. ドブリニナ1973『アレクサンドラ・パフムートワ』モスクワ)

外部リンク[編集]

脚注[編集]