アレクサンダー・ヘルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクサンダー・ヘルト
Alexander Held
Alexander Held
生年月日 1958年
出生地 西ドイツの旗 西ドイツ バイエルン州ミュンヘン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
配偶者 Patricia Fugger

アレクサンダー・ヘルトAlexander Held, 本名Gerald Alexander Held, 1958年 - )は、ドイツ俳優

経歴[編集]

ミュンヘン出身。若い頃はユースのサッカー選手として活躍。演劇を学び、地元劇場の舞台で活動。その後ハノーファーベルリンバーゼルザルツブルクなどの劇場で舞台俳優として活躍。

1993年に映画初出演。以後『シンドラーのリスト』、『ヒトラー 〜最期の12日間〜』、『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』などの話題作に出演している。テレビドラマへの出演も多い。

『白バラの祈り』でのゲシュタポ取調官役など、独特の透った声や明晰な発声、役に没入するカリスマ的な演技で知られる。

主な出演作品[編集]

(劇場用映画からの抜粋)

外部リンク[編集]