アレクサンダー・エンマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アレクサンダー・エンマン(Alexander Enmann、1856年9月1日ユリウス暦8月20日[1]) - 1903年7月14日)は、ロシア帝国(後のエストニア)のパルヌに生まれ、サンクトペテルブルクに没した、バルト・ドイツ人古代史学者。

エンマンは、医師で宮中の高官だったテオドール・ヴィルヘルム・エンマン (Theodor Wilhelm Enmann) の子として生まれ、1874年から1880年にかけて、ドルパット大学(Universität Dorpat:タルトゥ大学の前身)に学んだ。またチュービンゲンベルリンパリロンドンの各地にも赴いて学んだ[1]1880年に修士、1884年に博士をドルパット大学で取得した[2]

1883年から1897年にかけては、帝国サンクトペテルブルク科学アカデミーで司書となった。その間、1885年から1888年にかけて聖カタリナ学校 (St. Katharinen-Schule) の歴史教師を務め、次いで1888年から1903年まで、サンクトペテルブルクの改革派学校 (Schule der Reformierten Gemeinden) で教鞭をとった。

エンマンは、4世紀に書かれ、その後失われたとされる歴史書、いわゆる『エンマン皇帝史』の存在を想定する議論を始めた人物であった。

著作[編集]

  • Über die Quellen der sicilischen Geschichte bei Pompejus Trogus, Dorpat, Universität, Magister-Arbeit, 1880
  • Untersuchungen über die Quellen des Pompejus Trogus für die griechische und sicilische Geschichte. Von der hist.-philologischen Facultät der Kaiserlichen Universität Dorpat ... gekrönte ... Preisschrift, Dorpat 1880
  • Eine verlorene Geschichte der römischen Kaiser und das Buch De viris illustribus urbis Romae. Quellenstudien, in: Philologus, Supplement-Band 4, 1884, S. 338–510.
  • Kritische Versuche zur ältesten griechischen Geschichte: 1. Kypros und der Ursprung des Aphroditekultus, St. Petersburg 1887 (= Dorpat, Universität, Dissertation, 1887)
  • Zur römischen Königsgeschichte, St. Petersburg 1892
  • Die neuentdeckte archaische Inschrift des römischen Forums, in: Bulletin de l'Académie Imperiale des sciences de St.-Petersburg 11, 1899, Nr. 5
  • Die älteste Redaktion der Pontifikalannalen, in: Rheinisches Museum für Philologie 57, 1902, S. 517-

脚注[編集]

外部リンク[編集]