アル・ファルーク・アミヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アル・ファルーク・アミヌ
Al-Farouq Aminu
20140101 Al-Farouq Aminu (1).JPG
ポートランド・トレイルブレイザーズ  No.8
ポジション SF/PF
背番号 8
身長 206cm  (6 ft 9 in)
体重 98kg (216 lb)
ウィングスパン 218cm  (7 ft 2 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Al-Farouq Ajiede Aminu
ラテン文字 Al-Farouq Aminu
誕生日 (1990-09-21) 1990年9月21日(26歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
出身地 ジョージア州アトランタ
出身 ウェイクフォレスト大学
ドラフト 2010年 8位 
選手経歴
2010-2011
2011-2014

2014-2015
2015-
ロサンゼルス・クリッパーズ
ニューオーリンズ・ホーネッツ/ニューオーリンズ・ペリカンズ
ダラス・マーベリックス
ポートランド・トレイルブレイザーズ
代表歴
キャップ ナイジェリアの旗 2012-

アル・ファルーク・アミヌAl-Farouq Ajiede Aminu, 1990年9月21日 - )はアメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身のバスケットボール選手。NBAポートランド・トレイルブレイザーズに所属している。ポジションは主にスモールフォワード

学生時代[編集]

2005年、アミヌは高校を転校したため、2年次に公式戦でプレーすることができなかった[1]。翌シーズンアミヌは1試合平均13.7得点、9.5リバウンドをあげて、ガニ・ラワルと共にチームを引っ張り、30勝3敗の成績をあげて全米12位に高校をランクさせた。さらに翌年は平均23.1得点、11.2リバウンドをあげて、チームは29勝2敗、全米6位にランクされた。アミヌは、ミルウォーキーBMOハリス・ブラッドリー・センターで行われたマクダナルズ・オール・アメリカンゲームに出場、その後ジュニアアメリカ代表に選ばれたアミヌはナイキ・フープ・サミットで世界選抜と対戦、ジョーダン・クラシック・ゲームでは13得点12リバウンドの活躍を見せた[2]

2008年、アミヌは全米の各大学から注目を浴びる存在になった。Rivals.comは7位に[2]、Scout.comは13位にアミヌを評価した[3]

高校卒業後ウェイクフォレスト大学に進学し、1年生時に10回ダブル・ダブルを記録、1年生選手として得点ではカンファレンス2位の13.0得点、リバウンドでは1年生トップ、カンファレンスでも6位となる1試合あたり8.3リバウンドをマークし、ACCのオールフレッシュマンチームに選出された。この年アミヌは週間最優秀フレッシュマンに5度選ばれたが、これはウェイクフォレスト大学の選手としてはロドニー・ロジャースクリス・ポールに並ぶタイ記録であった[4]。2年次には同大学選手としては1997年にティム・ダンカンが記録して以来となる20リバウンドをあげた試合もあった[4]。シーズン終了後、2010年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明した[4]

NBAキャリア[編集]

ロサンゼルス・クリッパーズ[編集]

2010年のNBAドラフトにおいて、ロサンゼルス・クリッパーズから全体8位指名を受けた。

ニューオーリンズ・ホーネッツ/ニューオーリンズ・ペリカンズ[編集]

2011年12月14日、クリス・ポールとのトレードでニューオーリンズ・ホーネッツに移籍した。

ダラス・マーベリックス[編集]

2014年6月29日、ダラス・マーベリックスと契約した[5]。2015年2月20日、対ヒューストン・ロケッツ戦で、シーズン最高となる17得点12リバウンドを記録した[6]

ポートランド・トレイルブレイザーズ[編集]

2015年7月1日、ポートランド・トレイルブレイザーズと4年3000万ドルで契約した[7]

移籍1年目となった2015-2016年シーズンでは全試合スターターとして出場し、プレーオフ1回戦のクリッパーズ戦では30得点10リバウンドを記録するなどブレイザーズ躍進に大きく貢献し、自己最高の成績を残した。

2016-2017年シーズンはベンチからのプレーが増え前年より3ポイント成功率が大きく下がり、前年を下回る成績となった。2017年2月9日のボストン・セルティックス戦ではキャリアハイの26得点をマークした。[8]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2010–11 クリッパーズ 81 14 17.9 .394 .315 .773 3.3 .7 .7 .3 5.6
2011–12 ペリカンズ 66 21 22.4 .411 .277 .754 4.7 1.0 .9 .5 6.0
2012–13 76 71 27.2 .475 .211 .737 7.7 1.4 1.2 .7 7.3
2013–14 80 65 25.6 .474 .271 .664 6.2 1.4 1.0 .5 7.2
2014–15 マーベリックス 74 3 18.5 .412 .274 .712 4.6 .8 .9 .8 5.6
2015–16 ブレイザーズ 82 82 28.5 .416 .361 .737 6.1 1.7 .9 .6 10.2
2016–17 61 25 29.1 .392 .329 .706 7.4 1.6 1.0 .7 8.7
Career 520 481 24.1 .426 .323 .725 5.7 1.2 1.0 .6 7.2

プレイオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2015 マーベリックス 5 2 30.0 .548 .636 .789 7.2 1.2 2.0 1.6 11.2
2016 ブレイザーズ 11 11 33.8 .438 .400 .724 8.6 1.8 .7 .9 14.6
2017 4 0 28.2 .459 .412 .636 6.6 1.0 .7 1.0 12.0
Career 20 13 31.7 .459 .429 .729 7.9 1.5 1.05 1.1 13.3

プレイスタイル[編集]

長いウィングスパンとフィジカルを備えた好ディフェンダーで、細身の体格ながら大柄な選手とのマッチアップも多く任されている。
ブレイザーズ移籍後は3ポイントの試投回数が増加し2015-2016年シーズンには前年を大きく上回る128本を成功させた。

その他[編集]

2007年3月、女性に対して車からBBガンを撃って怪我を負わせ逮捕された[9]。初犯であったアミヌは執行猶予つき、社会奉仕120時間を命じられた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hoops - Al-Farouq Aminu ruled Ineligible”. Georgia Tech Sports (2005年12月7日). 2011年6月20日閲覧。
  2. ^ a b Player Bio”. ウェイクフォレスト大学. 2011年6月20日閲覧。
  3. ^ Scout.com College Football Team Recruiting Prospects”. Scout.com (2008年). 2011年6月20日閲覧。
  4. ^ a b c d 2011 NBA Draft”. CBSスポーツ. 2011年6月20日閲覧。
  5. ^ “Mavericks sign free agent Al-Farouq Aminu”. mavs.com. (2014年7月29日). http://www.mavs.com/mavericks-sign-free-agent-al-farouq-aminu/ 2014年7月29日閲覧。 
  6. ^ Harris, Aminu lead as balanced Mavs hold off Rockets 111-100
  7. ^ “Al-Farouq Aminu, Blazers agree to 4-year, $30M deal, source says”. espn.com. (2015年7月1日). http://espn.go.com/nba/story/_/id/13178619/al-farouq-aminu-portland-trail-blazers-agree-terms-4-year-30-million-deal/ 2015年7月3日閲覧。 
  8. ^ Thomas has 34 and Celtics beat Blazers 120-111
  9. ^ Wake Forest Recruit Al-Farouq Aminu Charged With Aggravated Assault”. AOL (2008年3月29日). 2011年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]