アルヴァレスサウルス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルヴァレスサウルス科
Alvarezsauridae
モノニクス
地質時代
白亜紀
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
下目 : テタヌラ下目 Tetanurae
階級なし : コエルロサウルス類 Coelurosauria
階級なし : オルトミムス形類 Ornithomimiformes
: アルヴァレスサウルス科
Alvarezsauridae
学名
Alvarezsauridae
Bonaparte1991
亜科
本文参照

アルヴァレスサウルス科は中生代白亜紀に生息した獣脚類コエルロサウルス類オルニトミムス形類Ornithomimiformes)アルヴァレスサウルス科の恐竜分類群

その外見と骨格の特徴から最初は最初期の走鳥類だと考えられていた。

特徴[編集]

高度に特殊化した恐竜であり他の恐竜に見られないいくつかの身体的特徴をもつ。

アルヴァレスサウルス科の恐竜は0.5-2m程の小型の恐竜であった。体重は大きくとも20kg前後で最も小さい恐竜の一つである。長く強靭な脚を持ち走るのは速かったと思われる。 一見するとまるで使われずに退化していったような短い前肢(ティラノサウルスのような)を持つが骨格から短いながらも強力な筋肉を持っていたことが解っている。恐らくこの奇妙な前肢はアリシロアリ、もしくはその他の小動物の隠れ家を破壊するのに使われたとの説が有力である。

モノニクス.

前肢は巨大な一本の爪、もしくはその一本の隣に小さな二本が付属する三本で構成されておりその形状も現在のアリクイとの共通点を見いだせる。アリ塚が登場するのは始新世以降だがアリやシロアリそのものは白亜紀初期には既に出現しておりその新たなニッチを埋めるようにして進化したと説明できる。

他の恐竜にはなく真鳥類しか持たない竜骨突起を持つことで知られる。竜骨突起は羽ばたく為の筋肉の付着部分であり鳥類から進化した走鳥類でもすでに失われている。恐らく前肢をサポートする筋肉がついていたものと思われるがこの骨の存在がアルヴァレスサウルスが「飛ぶ鳥から分岐した初期の走鳥類」というアイデアの一つの根拠であった。その他にも骨格に鳥類的な特徴をいくつか持ち鳥類と間違えられたことは特に驚くべきことではなかったといえる。

羽毛を持った Shuvuuia化石が発見されており他のアルヴァレスサウルス科の恐竜も羽毛も持っていたと考えられる。発見された羽毛は比較的原始的な物で現生の動物ではキーウィのものに近い。

分類[編集]

コエルロサウルス類での位置[編集]

諸説あるがここではWeishampel et al.2004を採用する

上記の鳥類的な特徴にもかかわらずマニラプトル形類としては最も早くに分化したとされオヴィラプトル科ドロマエオサウルス科などの方が鳥類に近いことがわかっている。

オルニトミムス上科と共にオルニトミムス形類を構成する。

コエルロサウルス類
コンプソグナトゥス類
ティラノサウルス類
ティラノサウルス科
マニラプトル形類
オルニトミムス形類(アルヴァレスサウルス科を含む)
マニラプトル類
オヴィラプトロサウルス類 (テリジノサウルス科を含む)
Paraves(ドロマエオサウルス科を含む)
ディノニコサウルス類トロオドン科を含む)
鳥類