アルメニア地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルメニア地震
被災したレニナカン(現ギュムリ)の教会
アルメニア地震の位置(アルメニア内)
アルメニア地震
本震
発生日 1988年12月7日
発生時刻 11:41:24(現地時間)7:41:24(UTC)
座標 北緯40度59分13秒 東経44度11分06秒 / 北緯40.987度 東経44.185度 / 40.987; 44.185
震源の深さ 5km
規模    マグニチュード (Ms)6.8
最大震度    メルカリ震度階級IX:スピタク
津波 なし
余震
回数 Mb4.0以上:16回以上
最大余震 1988年12月7日11:45(現地時間)、Mb5.9
被害
死傷者数 死者約25,000人
負傷者約19,000人
被害総額 162億ドル
出典:特に注記がない場合はUSGS[1]による。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

アルメニア地震(アルメニアじしん)は、1988年12月7日アルメニアの北部にあたるロリ地方の一都市スピタク英語版震央として発生したマグニチュード(Ms)6.8、(Ml)7.2 の地震である。1988年アルメニア地震スピタク地震などとも言う。

概要[編集]

この地震による死者は少なくとも約2万5000人、負傷者は約1万9000人に上る[2]。 震央に近い地域の高層建築物はほとんど倒壊し、40万人を超える人が家を失った。特に顕著な被害が出たレニナカン(現・ギュムリ)では、約1万5000人-1万7000人が死亡し街も壊滅した。また、スピタクでも大きな被害が生じ、約4000人が死亡した[3]

地震発生時、震央から約90kmの地点にあるメツァモール原子力発電所は運転中であったが、被害は受けずその後も正常な運転を継続していた。しかし、この地震をきっかけに同原子力発電所は一時的に閉鎖されることになった。

脚注[編集]

  1. ^ M 6.8 - Armenia”. United States Geological Survey. 2017年10月19日閲覧。
  2. ^ [1]アメリカ海洋大気庁、2017年8月11日閲覧。
  3. ^ Spitak 1988 Earthquakeアルメニア国家耐震保護調査 2017年8月28日閲覧。

関連項目[編集]