アルマティモナス門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルマティモナス門
分類
ドメイン : 細菌 Bacteria
: アルマティモナス門
Armatimonadetes
下位分類(綱)

アルマティモナス門(-もん、Armatimonadetes)は、2011年に提唱された真正細菌の門である。

ヨシ根圏から発見されたArmatimonas rosea(アルマティモナス・ロセア)が、既知の細菌門とは系統的に大きく異なることから2011年7月に提唱された。難未培養細菌とされていたOP10系統に属すとみられるが、A. roseaの培養自体はそれほど難しくない。また、2011年10月にはニュージーランドの地熱により加熱された土壌よりChthonomonas calidirosea(クトノモナス・カリディロセア)が発見され、Chthonomonadetes(クトノモナス綱)が、2012年にはチョウセンニンジンの畑からFimbriimonas ginsengisoli(フィンブリイモナス・ギンセンギソリ)が発見されフィンブリイモナス綱が記載された。この3種はグラム陰性の好気性細菌で、何れも化学合成従属栄養により増殖する。

参考文献[編集]