アルペンレーサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルペンレーサー
ジャンル レースゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
人数 1人
メディア [AC]:SYSTEM SUPER22
発売日 [AC]:1995年
テンプレートを表示

アルペンレーサー』( ALPINE RACER )は、1995年ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)より発売されたアーケードゲームスキー競技を題材にした3Dレースゲームで、専用の大型筐体を用いた「体感ゲーム」の一種である。

作品概要[編集]

筐体底部のスキー板を模したステップ状のデバイスに両足で乗り、足のみで操作するのが本作最大の特徴である。

筐体のフレームにあるグリップをストックに見立て、ステップにある2つのくぼみに足を置き、基本的には左に曲がりたいときには右に、右に曲がりたい時には左にステップ部分を動かすことにより操作する。

また、くぼみのある部分は左右で独立しており、それぞれ左右に傾けることができるようになっている。これにより擬似的に「エッジを立てる」操作を実現している。この操作を上記のステップを振る動作とうまく組み合わせて行うことで、より鋭く旋回することが可能なのは実際のスキーと同じである。

作品にもよるが、基本は「条件に沿って関門を通過しつつ、どれだけ速くゴールできるか」というゲームである。

関連作品[編集]

  • アルペンレーサー2
1996年発売の続編。3人のキャラクターから選択が可能になったのと、1対1の通信対戦が可能となった。テレビ番組『超次元タイムボンバー』では、この作品がアトラクションの一つとして採用された(コースやクイズ等、番組用アレンジ有り)。
  • アルペンサーファー
1996年発売のアーケードゲーム。スノーボード版「アルペンレーサー」であり、操作デバイスもスノーボードを模したものになっている。
  • アルペンレーサー3
2002年3月28日発売のプレイステーション2用ソフト。7人のキャラクターから選択。衛星データを用いて再現されたヨーロッパの有名ゲレンデや初代アルペンレーサーのゲレンデなど9つのコースがある。
  • アルペンレーサーEX
2007年12月1日に配信開始されたiモードの「直感ゲーム」対応アプリゲーム。なお、2008年には横画面用のワイド版も配信されているが、直感ゲームは非対応。
  • アルペンレーサー
2009年3月に配信開始されたiPhone / iPod touch用ゲーム。キャラクターは姉(スキー)と弟(スノーボード)の2人+隠しキャラクター。
  • スーパーアルペンレーサー
2014年発売予定のアーケードゲーム。アーケードでの新作は18年ぶりとなる。同年2月14日より開催のジャパン アミューズメント エキスポ2014に出店予定。

関連商品[編集]

  • サウンドトラックCD
ナムコゲームサウンドエクスプレスVol.25 アルペンレーサー (ビクターエンタテインメント)
アルペンレーサー2アーケード (ワンダースピリッツ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]