アルペトラギウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アルペトラギウス(イスラム名:Nur Ed-Din Al Betrugi または Nur al-Din Ibn Ishaq Al-Bitruji または Abu Ishâk ibn al-Bitrogiまたは al Bidrudschi、ラテン名 Alpetragius、生年不明 - 1204年)はアラビアの天文学者、哲学者である。現在のモロッコで生まれた。セビリャアンダルシアに住んだ。

イブン・トファイルの弟子となり、イブン=ルシュドと同時代の学者である。プトレマイオスの宇宙体系を否定した惑星の運動の理論 Kitab-al-Hay’ah(Arabic,كتاب الحياة)を著した。これは、主にプトレマイオス理論への自然学的な疑義に基づくもので、観測事実に基づく部分は小さい。アリストテレスやエウドクソスと同様の同心球体説であるが、いくつもの重要な点でこれらの先人の議論からは離れている。結果的にプトレマイオスのように、観測事実を的確に説明するには至らなかった。

これはアラビア語からヘブライ語に訳される。その後マイケル・スコットによってラテン語に訳され、13世紀の前半においては広い関心をよんだ[1]。その後も、折に触れてアルペトラギウスの同心球体説への関心は呼び覚まされる。例えば、レギオモンタヌスも批判をしながらも影響を受ける[1]。コペルニクス『天球の回転』でも引用されている。

月のアルペトラギウス・クレーターに命名された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Shank, Michael H. (2002-06-01). “Regiomontanus on Ptolemy, Physical Orbs, and Astronomical Fictionalism: Goldsteinian Themes in the “Defense of Theon against George of Trebizond””. Perspectives on Science 10 (2): 179–207. doi:10.1162/106361402321147522. ISSN 1063-6145. https://doi.org/10.1162/106361402321147522.