アルペジョーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アルペジョーネもしくはアルペッジョーネarpeggione)は、1823年から1824年ウィーンギター製造者ヨハン・ゲオルク・シュタウファー(Johann Georg Staufer, 17781853)により発明された、6弦楽器である。

で演奏するが、チェロを小ぶりにしたような本体のために重音を出すことが容易であり、また24のフレットを持つなど、ギターの特徴も併せ持つ。このため「ギター・チェロ」という別名でも呼ばれたが、外見はバロック時代ヴィオラ・ダ・ガンバに似ている。

楽曲[編集]

この楽器のために作曲された、唯一の名高い[要説明]楽曲は、シューベルトの《アルペジョーネ・ソナタ イ短調》D821である。これは1824年の作品だが、1871年になってようやく出版された時には、すでにアルペジョーネは忘れられた楽器になっていた。したがって現在でも、アルペジョーネが演奏に使われることはほとんどなく、このソナタの演奏では、チェロヴィオラコントラバスで代用されることが通例である。

その他にも、製作者のシュタウファー、ルイ・シュポーアヨハン・ブルグミュラーベルンハルト・ロンベルクがアルペジョーネ作品を残しており、近年[いつ?]になって録音された。

復元[編集]

近年[いつ?]日本の複数の研究家[誰?]が資料を基にして復元に成功した[1][2]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

奥村治は、日本音楽表現学会の会員であり、2013年 同学会のイーハトーブ大会(盛岡大学)にて、本邦初のアルペジョーネのレクチャーを行い、また2016年3月に「アルペジョーネの楽器とシューベルト周辺」と題する論文を同学会より発表している。また、日本音楽表現学会刊行、「音楽表現学のフィールド2」第2章楽器と演奏表現の歴史、第1節”アルペジョーネ再発見”と題する論文を発表、東京堂出版より2016年9月に発売される。