アルベルト・ブロッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルベルト・ブロッホAlbert Bloch1882年8月2日アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス1961年12月9日、アメリカ合衆国カンザス州ローレンス)はドイツ系アメリカ人の画家、翻訳家。

生涯と作風[編集]

ブロッホの両親は1869年ボヘミアからアメリカ合衆国に移り住んだ。ブロッホはアメリカでセントルイス美術学校へ入学し、そのかたわら「ザ・ミラー」紙のイラストレーターとして働いた。このときの彼の作風はユーゲントシュティルを特徴としていた。1908年以降彼はミュンヘンに住み、そこで芸術家サークル青騎士に加わった。また、シュトゥルム画廊によって欧州全土で彼の展覧会が催されている。

彼の絵は、風景や町の様子、肖像画、サーカスの様子を多く主題としたが、キュビスムへとスタイルを変えていった。ブロッホは1921年に合衆国へ戻り、1923年にはカンザス大学で教授職を得た。1961年、彼はカンザスで亡くなった。

また翻訳家としてブロッホは、カール・クラウスフランツ・ヴェルフェルゲーテの作品を英訳している。

関連項目[編集]