アルベルト・ニスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルベルト・ニスマンスペイン語: Alberto Nisman1963年12月5日 - 2015年1月18日 )は、アルゼンチン検察官である[1]

ブエノスアイレスユダヤ系の家庭に生まれた[2]

1994年アルゼンチン・イスラエル相互協会爆破事件の捜査を2004年から担当。現職大統領クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル、現職外務大臣エクトル・ティメルマン(es:Hector Timerman)、元大統領カルロス・メネムが、イラン石油を安く輸入するために捜査を妨害したと主張していた[3]

この件について、2015年1月19日に議会で証言する予定となっていたが、その前日、自宅マンションで遺体となって見つかった[1]こめかみ銃弾を受けており、遺体のそばにニスマンの所有物ではない22口径拳銃があった[3]

同年2月3日、キルチネルの逮捕令状を2014年6月14日付で作成していたことが明らかとなった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 不審死の検事、大統領の逮捕状を作成していた アルゼンチン”. AFP (2015年2月4日). 2015年2月19日閲覧。
  2. ^ Quién era el fiscal Natalio Alberto Nisman”. lanacion.com (2015年1月19日). 2015年2月19日閲覧。
  3. ^ a b 「大統領の密約」を追及、検察官の遺体見つかる アルゼンチン”. AFP (2015年1月20日). 2015年2月19日閲覧。