アルベルトゥス・パリジェンシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(マギステル・)アルベルトゥス・パリジェンシス magister Albertus Parisiensis) または パリのアルベール Albert de Paris) (活動: 1146年頃 - 1177年頃没)は、12世紀のフランスの音楽家。


カリクスティヌス写本に収められている3声[1]コンドゥクトゥス "Congaudeant catholici" に、この作品の作者と記されている。

フランス南部ミディ=ピレネー地方ジュール県に属する村エスタンプ Estampes の出身とされる。 恐らくサン・ヴィクトールのアダンの後にパリ・ノートルダム大聖堂のカントル( cantor 先唱者、聖歌隊長)を務めたものと思われることから、活動時期については不明ながら、カントルとしては少なくともアダンの亡くなった1146年までに就いたものと考えられる。 亡くなった年も不明だが、1177年にノートルダム大聖堂のカントルの記録から名前が消えるので、この年か前年と推定される。 ノートルダム楽派レオニヌスの活動時期と重なる事から、『オルガヌム大全』の作成に何らかの寄与があった可能性を残す。

脚注[編集]

  1. ^ 最古の3声曲とされるが、3つ目の声部は後で書き加えられた代替声部に過ぎなく、本来は2声であったという説もある。彼の弟子であったと思われるレオニヌスは3声の曲を残していない。

関連項目[編集]