アルプス中央信用金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルプス中央信用金庫
Alupuschuo Shinkin Bank
Alps chuo shinkin bank.JPG
種類 信用金庫
略称 あるしん
本店所在地 日本の旗 日本
396-8611
長野県伊那市荒井3438-1
設立 1951年昭和26年)6月
業種 金融業
法人番号 1100005008960 ウィキデータを編集
金融機関コード 1396
事業内容 協同組織金融機関
従業員数 253
関係する人物 芦部啓太郎(元理事長)
外部リンク アルプス中央信用金庫
特記事項:令和元年9月30日現在
テンプレートを表示

アルプス中央信用金庫(あるぷすちゅうおうしんようきんこ、英語Alupuschuo Shinkin Bank)は、長野県伊那市に本店を置く信用金庫である。愛称は「あるしん」である。

アルプス中央信用金庫のデータ
英名 Alupuschuo Shinkin Bank
統一金融機関コード 1396
法人番号 1100005008960 ウィキデータを編集
代表者氏名 吉澤 祥文(理事長)
店舗数 22店舗
従業員数 253名
貸出金残高 1,235億26百万円
預金残高 3,206億33百万円
特記事項:
令和元年9月30日現在
テンプレートを表示

沿革[編集]

  • 2003年7月22日 - 伊那・赤穂の2信用金庫が合併し、アルプス中央信用金庫が発足する。 
  • 2003年1月-マルチペイメントネットワーク(電子収納サービス)取り扱い開始。
  • 2012年7月-赤穂営業部が新店舗へ伊那東支店が本店営業部の店舗内店舗として移転営業開始。
  • 2016年7月-ナイスロード支店が本店営業部の店舗内店舗として移転営業開始。
  • 2017年10月-宮木支店が辰野支店の店舗内店舗として移転営業開始。
  • 2018年12月-株式会社origamiとの提携に関する契約の締結。
  • 2019年7月-福岡支店が南支店の店舗内店舗として移転営業開始。

店舗[編集]

本店のある長野県伊那市及び長野県上伊那郡に計22店舗を持つ。     店舗詳細「店舗一覧」を参照

ATM[編集]

あるしんのATMコーナーでは、他の信用金庫のキャッシュカードでも、「しんきんATMゼロネットサービス」により、平日8:45-18:00及び土曜9:00-14:00の入出金に限り手数料は無料となる。

また、八十二銀行ぐるっと信州ネット)のキャッシュカードでも、平日8:45-18:00の出金に限り手数料は無料となる(その逆も同様。ただし、八十二銀行が参加しているコンビニATMローソンATMでは対象外)。

セブン銀行ATM、ビューアルッテ(JR東日本の駅のATM)とも提携している(いずれも要手数料)[1]。 ATM詳細「ATMコーナー一覧」を参照

脚注[編集]

  1. ^ ATM利用手数料”. アルプス中央信用金庫. 2018年3月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]