アルフレート (ドヴォルザーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルフレート』(:Alfred, B.16)は、アントニン・ドヴォルザークが作曲した3幕の英雄オペラ。ドヴォルザークが1870年に作曲した最初のオペラで、テキストはドイツ語による。台本はイギリス国王アルフレッド大王の物語を元に、フリードリッヒ・フォン・フロトーがオペラ化したものを元に、K.T.ケルナーが執筆した。

曲自体はドヴォルザークの初期らしく、ライトモティーフの手法や切れ目のない朗唱風の歌唱など、ワーグナーの影響が強く表れている。

「アルフレート」はドヴォルザークの存命中は初演されなかった。初演は1938年12月10日オロモウツにてチェコ語に翻訳されて行われた。なお、序曲(B.16a)のみ「悲劇的序曲」として1905年に初演された(出版は1912年)。

参考文献[編集]

  • The Viking Opera Guide ed. Holden (1993)

外部リンク[編集]