アルフレート・メルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレート・メルツ
人物情報
生誕 1880年1月24日
オーストリアの旗 オーストリアニーダーエスターライヒ州Perchtoldsdorf
死没 1925年8月16日(満45歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチンブエノスアイレス
国籍 オーストリアの旗 オーストリア
学問
研究分野 地理学海洋学
研究機関 ベルリン大学
テンプレートを表示

アルフレート・メルツ(Alfred Merz、1880年1月24日 - 1925年8月16日)はオーストリア海洋学者ベルリン大学教授。同大付属海洋研究所長。

はじめ第一次世界大戦の軍事的要求から、ボスポラス海峡ダーダネルス海峡などの潮流や、北海英仏海峡潮汐を調査した。1905年ヴァン・ヴァルフリート・エクマンが考案した流速計に改良を加えてエクマン=メルツ流速計を完成。密度流の研究や、チャレンジャー号等の観測記録を整理するなど、海洋大循環に深い関心をもっていた。自身も海洋探検を計画し、メテオール号により南大西洋の調査を行った。しかし、観測半ばにしてブエノスアイレスにて客死した。