アルフレッド・デザンクロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルフレッド・デザンクロAlfred Desenclos, 1912年7月2日 - 1971年3月31日)は、フランス作曲家

生涯と作品[編集]

パ=ド=カレー県のポルテル(fr:Le Portel)出身。17歳のときにルーベ音楽院に入学してピアノを学んだのちパリ音楽院へ進学、アンリ・ビュッセルらに師事して作曲を学ぶ。1942年ローマ賞を受賞。その後は1943年から1950年までルーベ音楽院院長を務め、またパリ音楽院でも教鞭を執った。1971年パリにて逝去。

デザンクロは多数のジャンルの曲を作曲しているが、現在では演奏されることはまれである。その中で、フランス政府の委嘱により作曲され、マルセル・ミュールに献呈された作品である「サクソフォーン四重奏曲」は、サクソフォーンアンサンブルの定番作品として特によく知られている。また、サクソフォーンとピアノのための作品である「プレリュード、カデンツァとフィナーレ」も知名度が高く、クラシック・サクソフォーンの分野においては比較的名の知られた作曲家である。

作品リスト[編集]

宗教音楽[編集]

  • サルヴェ・レジナ(Salve regina)
  • レクイエム(Messe de requiem)

管弦楽曲・器楽曲[編集]

  • 祈祷、呪詛と踊り(Incantation, thrène et danse)
  • 幻想曲(Fantaisie)
  • 交響曲(Symphonie)
  • サクソフォーン四重奏曲(Quatuor pour saxophones)
  • プレリュード、カデンツとフィナーレ(Prélude, cadence et finale)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]