アルフレッド・クロスビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルフレッド・クロスビー(Alfred Worcester Crosby, Jr., 1931年1月15日 - ) は、アメリカ合衆国歴史学者。専門は、アメリカ史、生態学的歴史学(Ecological History)。

ボストン生まれ。ハーヴァード大学卒業後、ボストン大学で博士号取得。現在、テキサス大学オースティン校名誉教授。

著書[編集]

  • America, Russia, Hemp, and Napoleon: American Trade with Russia and the Baltic, 1783-1812, (Ohio State University Press, 1965).
  • The Columbian Exchange: Biological and Cultural Consequences of 1492, (Greenwood Pub. Co, 1972).
  • Epidemic and Peace, 1918, (Greenwood Press, 1976).
  • Ecological Imperialism: the Biological Expansion of Europe, 900-1900, (Cambridge University Press, 1986, 2nd ed., 2004).
佐々木昭夫訳『ヨーロッパ帝国主義の謎――エコロジーから見た10~20世紀』(岩波書店, 1998年)
  • The Columbian Voyages, the Columbian Exchange, and Their Historians, (American Historical Association, 1987).
  • America's Forgotten Pandemic: the Influenza of 1918, (Cambridge University Press, 1989, 2nd ed., 2003).
西村秀一訳『史上最悪のインフルエンザ――忘れられたパンデミック』(みすず書房, 2004年)
  • Germs, Seeds & Animals: Studies in Ecological History, (M.E. Sharpe, 1994).
  • The Measure of Reality: Quantification and Western Society, 1250-1600, (Cambridge University Press, 1997).
小沢千重子訳『数量化革命――ヨーロッパ覇権をもたらした世界観の誕生』(紀伊國屋書店, 2003年)
  • Throwing Fire: Projectile Technology through History, (Cambridge University Press, 2002).
小沢千重子訳『飛び道具の人類史――火を投げるサルが宇宙を飛ぶまで』(紀伊國屋書店, 2006年)