アルビン・クルティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルビン・クルティ
Albin Kurti
PM Albin Kurti during the first meeting of the Government of the Republic of Kosovo 3 (cropped).jpg
2020年2月撮影
コソボの旗 第8・10代 コソボ共和国首相
就任
2021年3月22日
前任者アブドゥッラー・ホティ英語版
任期
2020年2月3日 – 2020年6月3日
前任者ラムシュ・ハラディナイ
後任者アブドゥッラー・ホティ英語版
Vetëvendosje logo.svg ヴェテヴェンドシェ!党首
就任
2018年1月21日
前任者ビザール・イメリ英語版
任期
2005年6月12日 – 2015年2月18日
前任者(新設)
後任者ビザール・イメリ英語版
個人情報
生誕 (1975-03-24) 1975年3月24日(46歳)
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア(現コソボの旗 コソボ)、
Flag of Montenegro (1946–1993).svg セルビア社会主義共和国
コソボ社会主義自治州
プリシュティナ
国籍コソボ系アルバニア人英語版
政党ヴェテヴェンドシェ!
配偶者Rita Augestad Knudsen
出身校プリシュティナ大学英語版
署名
兵役経験
政治部門代表コソボ解放軍

アルビン・クルティアルバニア語:Albin Kurti1975年3月24日 - )は、コソボ政治家。現在、同国首相ヴェテヴェンドシェ!代表。

来歴[編集]

ユーゴスラビア社会主義連邦共和国セルビア社会主義共和国を構成するコソボ社会主義自治州プリシュティナで1975年に生まれた。1997年プリシュティナ大学英語版学生連合の副議長となり、1997年秋と1998年春の非暴力の抵抗運動を組織した。アデム・デマチ英語版コソボ解放軍の政治部門の代表者となると、クルティはデマチの下で働いた。1999年4月、NATOによるユーゴスラビア空爆のさなか、クルティはセルビア当局によって逮捕され、「ユーゴスラビアの領土的統一を危険にさらし、テロリズムとつながりのある敵対行為の遂行に加担した」として訴追された。セルビアでスロボダン・ミロシェヴィッチ政権が崩壊したあとの2000年に釈放された。

2000年以降、コソボの政治からは距離を置いていたが、国際連合コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)と汚職に対する厳しい追及を始めた。クルティは親類を紛争で失った人々の支援を得て非暴力の抗議運動を展開し、コソボの民族自決権を希求した。しかし2007年2月のデモ行動で、国連警察によって2人の非武装のデモ参加者が殺害され80人が負傷した際に逮捕され、7月まで拘留され、その後警察の護衛のもと自宅軟禁に置かれた。アムネスティ・インターナショナルはクルティに対する訴訟の不正常を非難している。クルティはその後も「積極的な非暴力の抵抗」を支持している[1]

2019年10月6日執行のコソボ総選挙英語版にてヴェテヴェンドシェ!は第1党となり、2020年1月20日、新首相候補にクルティを決定しハシム・サチ大統領に通知。同日、サチ大統領はクルティを新首相に指名し組閣を命じた[2]。同年2月3日、議会で反対派が退席する中、120議席中賛成66票で政権が承認された[3]。しかし世界中で流行するCOVID-19への対応を巡ってはサチ大統領と意見が対立し、3月18日には大統領の非常事態宣言に反対するクルティを批判した内務大臣が解任される[4]など連立政権内に不協和音が生じ、同年3月25日に内閣不信任決議案が賛成82、反対32、棄権1票で可決された[5]。6月3日にアブドゥッラー・ホティ英語版元財務大臣が新首相に選出されたこと受け退任[6]。2021年2月14日執行のコソボ総選挙英語版にてヴェテヴェンドシェ!は議席を積み増して過半数に迫り、クルティは3月22日に再び首相に選出された[7]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.newkosovareport.com/200811101380/Vetevendosje/Old-signs.html
  2. ^ “Kosovo President Mandates Albin Kurti To Form Long-Delayed Government”. ラジオ・フリー・ヨーロッパ. (2020年1月20日). https://www.rferl.org/a/kosovo-s-vetevendosje-party-nominates-leader-kurti-for-pm/30387034.html 2020年1月21日閲覧。 
  3. ^ “Albin Kurti: Kosovo's new president vows to rebuild Serbia ties”. ユーロニュース. (2020年2月3日). https://www.euronews.com/2020/02/02/kosovo-parties-reach-coalition-deal-ending-months-of-uncertainty 2020年2月4日閲覧。 
  4. ^ “【コソボ】 内務大臣が解任 「新型コロナウイルスに関してパニックを拡散」”. TRT日本語. (2020年3月19日). https://www.trt.net.tr/japanese/shi-jie/2020/03/19/kosobo-nei-wu-da-chen-gajie-ren-xin-xing-koronauirusuniguan-sitepanitukuwokuo-san-1380833 2020年3月26日閲覧。 
  5. ^ “Assembly of Kosovo passes a motion of no confidence in Kurti’s Government”. European Western Balkans. (2020年3月26日). https://europeanwesternbalkans.com/2020/03/26/assembly-of-kosovo-passes-a-motion-of-no-confidence-in-kurtis-government/ 2020年3月26日閲覧。 
  6. ^ “Kosovar Lawmakers End Months Of Turmoil, Approve New Government With Hoti As PM”. ラジオ・フリー・ヨーロッパ. (2020年6月3日). https://www.rferl.org/a/kosovo-parliament-approves-new-governement-hoti-pm/30650516.html 2020年6月4日閲覧。 
  7. ^ “Kosovo Parliament Elects Albin Kurti as Prime Minister”. Balkan Insight. (2021年3月22日). https://balkaninsight.com/2021/03/22/kosovo-parliament-elects-albin-kurti-as-prime-minister/ 2021年3月23日閲覧。 


公職
先代:
アブドゥッラー・ホティ英語版
コソボの旗 コソボ共和国首相
第10代:2021 -
次代:
(現職)
先代:
ラムシュ・ハラディナイ
コソボの旗 コソボ共和国首相
第8代:2020
次代:
アブドゥッラー・ホティ英語版
党職
先代:
ビザール・イメリ英語版
ヴェテヴェンドシェ!代表
第3代:2018 -
次代:
(現職)
先代:
(創設)
ヴェテヴェンドシェ!代表
初代:2001 - 2015
次代:
ビザール・イメリ英語版