アルビオン (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルビオン
HMS Albion (R07) underway 1956.jpg
HMS Albion (R07)
経歴
運用者 イギリス海軍
建造所 スワン・ハンター
種別 航空母艦
艦級 セントー級航空母艦
起工 1944年3月22日
進水 1947年5月16日
就役 1954年5月26日
退役 1973年
その後 スクラップとして売却
母港 ポーツマス海軍基地
愛称 The Old Grey Ghost of the Borneo Coast
モットー Fortiter, Fideliter, Feliciter
(Boldly, Faithfully, Successfully)
前級 オーディシャス級航空母艦
次級 インヴィンシブル級航空母艦
要目
基準排水量 22,000トン
満載排水量 24,000トン
全長 198 m
全幅 27.4 m
吃水 7.5 m
機関 蒸気タービン
主機 2機
推進 2軸
最大速力 28ノット
航続距離 6,000カイリ/20ノット時
乗員 1596名(航空要員含む)
テンプレートを表示

アルビオン(HMS Albion, R07)は、イギリス海軍航空母艦・コマンド母艦(ヘリコプター揚陸艦)。セントー級航空母艦の2番艦。1954年就役、1973年退役。艦番号はR07、同名の艦としては8代目となる。

設計[編集]

艦歴[編集]

1944年3月にスワン・ハンター社のベルファスト造船所で起工された。第二次世界大戦の終結を受けて建造はスローペースとなり、進水は1947年5月となった。

1949年10月18日、3隻のタグボートによりジャローからロサイスへ曳航されていたアルビオンは、ロングストーン灯台から4海里の地点でSS Maystoneと衝突した。衝突によりMaystoneは沈没、アルビオンは船尾に20.9 m2の破口を生じ、浸水が始まった。タグボートはアルビオンの沈没を避けるため、セント・アバズ・ヘッド付近の海岸へ乗り揚げさせようとしたが、曳航索がプロペラの推進軸に絡まり失敗した。救援のためロサイスから曳船 HMS Restive と駆逐艦 HMS St. James が送られ、絡まった曳航索を取り除いて、アルビオンをロサイスへ曳航することに成功した。機関室には1.5mの浸水があった。

1951年に竣工する予定であったが、衝突事故の影響もあり完全な完成は1954年5月まで遅れた。起工時は、従来の直線式飛行甲板を有する計画であったが、建造中の改設計により、竣工時にアングルド・デッキを装備していた。

1954年に就役、同年9月には地中海艦隊に配属されている。1956年には第二次中東戦争に参加し、英仏軍の侵攻に対し航空機の援護を提供している。1958年には試験的な運用として、イギリス海兵隊の兵員・車両・機材を搭載し、中東方面へ展開している。その後も、極東やオーストラリアなど、各地に航行・展開した。

1961年に固定翼機に対応する航空艤装を取り外し、コマンド母艦に改装される。これは、ヘリコプターによる兵員の揚陸を行う揚陸艦であった。1962年に再就役し、ヘリコプターと海兵隊を搭載して極東方面へ展開、ボルネオ島における共産主義ゲリラの掃討の支援任務を行った。1967年にはアデンからのイギリスの撤退を援護し、1971年のシンガポールにあったイギリス極東艦隊の解散の時まで、そこに配備されていた。

1973年に退役し、一時は北海油田用の重量物輸送船にする計画もあったが、それは中止され、スクラップにされた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]