アルビウス・ティブッルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルビウス・ティブッルス
Albius Tibullus
Tibull.jpg

アルビウス・ティブッルスラテン語: Albius Tibullus, 紀元前55年頃 - 紀元前19年頃)は、共和政ローマの詩人[1]

経歴[編集]

出生地はかつてラティウムにあった古代都市ガビ(ないしはペデゥムとも)あたりと見られている[2]。裕福なエクィテス階級の家柄の出身であり、多くの土地と財産を相続したが、後年にそのほとんどを没収された。

貴族で政治家のマルクス・ウァレリウス・メッサッラ・コルウィヌスが主催する文学サロンに属し、特にリュグダムスやスルピキアと交流を持った。都市部の生活に嫌悪を持ち、田園生活に憧れを抱いた。

彼の詩集と伝わっている4巻のうち現在では最初の2巻のみがれっきとしたティブッルスの詩集とされる。詩の中でデリアと呼んでいる本名プラニアという女性や、そしてまた美少年マラトゥスに贈った恋愛詩が残されている[3]。ローマで死去したとされる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ラテン図書館