アルパジョン=シュル=セール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Arpajon-sur-Cère
Blason ville fr Arpajon-sur-Cère 15.svg

Château de Carbonat.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) カンタル県Blason département fr Cantal.svg
(arrondissement) オーリヤック郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 15012
郵便番号 15130
市長任期 ミシェル・ルシー[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération du bassin d'Aurillac
人口動態
人口 6 144人
2011年
人口密度 129人/km2
地理
座標 北緯44度54分17秒 東経2度27分27秒 / 北緯44.9047度 東経2.4575度 / 44.9047; 2.4575座標: 北緯44度54分17秒 東経2度27分27秒 / 北緯44.9047度 東経2.4575度 / 44.9047; 2.4575
標高 平均:m
最低:566 m
最高:844 m
面積 47.67km2
Arpajon-sur-Cèreの位置(フランス内)
Arpajon-sur-Cère
Arpajon-sur-Cère
テンプレートを表示

アルパジョン=シュル=セールArpajon-sur-Cère)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏カンタル県コミューン

由来[編集]

古名のArpaionemはガリア語のarepo、すなわち鋤に由来している。923年にvicaria arpajonensisという名であったことが証明されている[2]。2007年に地元で明るみに出た用法、オック語のオーリヤック方言ではアルパジョンはOlpotsouと発音する。

地理[編集]

コミューンは中央高地の中にあり、セール川が流れる。国道120号線、国道590号線が通じている。

歴史[編集]

ドゥジュー社の工場

木工品、特に木のおもちゃを製造する、ドゥジュー・フェニエス・エ・フィス・エ・ラルティーグ社(Dejou Féniès & fils & Lartigue)が20世紀に町に移ってきた。木のおもちゃにはコレクターがいて、高値で売買されている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
3071 3277 4260 4866 5296 5545 5934 6144

参照元:1999年までEHESS[3]、2004年以降INSEE[4][5]

ゆかりの人物[編集]

  • ジャン=バティスト・ミロー(fr) - フランス革命時代の将軍

姉妹都市[編集]

脚注[編集]