アルバニアの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルバニアの国旗
アルバニアの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、政府海上標準旗?
縦横比 5:7
制定日 1992年4月7日
使用色
テンプレートを表示

アルバニア国旗は、赤地に黒の双頭の鷲を中央に描いた旗。この国旗のデザインは、15世紀オスマン帝国の支配に抵抗し、一時(1443年 - 1478年)独立を勝ち取った中世アルバニアの英雄、スカンデルベクの紋章にちなんだものである。

この国旗は1992年4月7日に正式採用されたものだが、それ以前でも少しずつ違うが全体として赤地に双頭の鷲というデザインを使用し続けていた。1946年から1992年共産主義政権下では、現在の国旗に黄色の縁取りのが加わっていたものを使用していた。その前のアルバニア王国アルバニア公国時代も同様であった。

なお、コソボでも独立前はこの国旗をコソボの旗として掲げていたが、独立以降は国旗に準じる民間旗として扱われている。現在でも主にアルバニア人が掲げている。

変遷[編集]

関連項目[編集]