アルハムドゥリッラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • アラームドリラー[1]
    アルハムドリラー

アルハムドゥリッラー(アル=ハムドゥ・リ・ッ=ラーヒ、Al-ḥamdu lillāh, : الحمد لله‎)とは、「アッラーに栄光あれ」、もしくは「アッラーに感謝を」の意で、アラビア語圏(イスラム教圏)でよく用いられる慣用表現

タフミード(アラビア語: تَـحْـمِـيْـد‎)と呼ばれるフレーズである[2]

コーランに記載されており、イスラム教のお経ズィクル(唱念)、日常会話ほか頻繁に使用される。ムハンマドによると、この語を唱えれば70の疾病を免れるとしており、信者は魔除けとしても唱えている[1]

クルアーンの記述[編集]

直訳すると「(すべての)賞賛はアッラーフ)にある」という意味で、クルアーンの冒頭にもこの言葉が出てくる[3]

الْحَمْدُ للّهِ رَبِّ الْعَالَمِين

Al ḥamdu lillāhi rabbi l-'ālamīn
万有の主、アッラーにこそ凡ての称讃あれ

— 『クルアーン』 第1章開端第2節


用法[編集]

「アルハムドゥリッラー」と書かれたアラビア書道の作品。

アラビア語圏においては、「おかげ様で」の意味で会話に頻繁に用いられる他、アラビア書道作品の題材になったりもする。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b アラビアンナイト バートン版 千夜一夜物語拾遺 訳者:大場正史 p.249
  2. ^ P. Bearman, Th. Bianquis, C.E. Bosworth, E. van Donzel, W.P. Heinrichs, ed (2012). “taḥmīd”. Encyclopaedia of Islam, Glossary and Index of Terms (2nd ed.). Brill. https://doi.org/10.1163/1573-3912_ei2glos_SIM_gi_04657. 
  3. ^ クルアーン』1:2 (第1章開端第2節)

関連項目[編集]