アルトランシュテット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルトランシュテットの教会、2009年撮影。
地図

アルトランシュテットドイツ語: Altranstädt)はドイツザクセン州ライプツィヒ郡英語版マルクランシュテット英語版にある村。ライプツィヒから14.5キロメートル西南西にあり、1706年のアルトランシュテット条約と1707年のアルトランシュテット条約が締結された場所として知られる。

1706年9月24日の条約はザクセン選帝侯ポーランド・リトアニア共和国国王アウグスト2世スウェーデンカール12世に迫られて締結した条約であり、アウグスト2世がポーランド王を退位して王位をスタニスワフ・レシチニスキに譲ったが、1709年7月8日にカール12世がポルタヴァの戦いで敗れるとアウグスト2世は条約の無効を宣言した[1]。1707年8月31日の条約では神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世がカール12世との交渉でシュレージエンのプロテスタント住民に宗教の寛容を与えた[1]

また、スペイン継承戦争中の大同盟代表マールバラ公爵はアルトランシュテットでカール12世を訪れ、フランス王国を支持せずにドイツを去るよう説得することに成功した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Altranstädt" . Encyclopædia Britannica (英語). 1 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 765.
  2. ^ Simms, Brendan (2007) (英語). Three Victories and a Defeat: The Rise and Fall of the First British Empire. p. 55. 

座標: 北緯51度18分52秒 東経12度10分35秒 / 北緯51.31444度 東経12.17639度 / 51.31444; 12.17639