アルテミスと妖精の身代金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルテミスと妖精の身代金
Artemis Fowl
監督 ケネス・ブラナー
脚本 コナー・マクファーソン英語版
原作アルテミス・ファウル 妖精の身代金英語版
オーエン・コルファー
製作 ジュディ・ホフランド
ケネス・ブラナー
出演者 フェルディア・ショー
ララ・マクドネル
タマラ・スマート
ノンソー・アノジー
ジョシュ・ギャッド
ジュディ・デンチ
コリン・ファレル
音楽 パトリック・ドイル
撮影 ハリス・ザンバーラウコス
編集 マーティン・ウォルシュ
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
トライベッカ・プロダクションズ英語版
Marzano Films
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2020年6月12日
日本の旗 2020年8月14日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $125,000,000[1]
テンプレートを表示

アルテミスと妖精の身代金』(アルテミスとようせいのみのしろきん、原題:Artemis Fowl)は、2020年に配信されたアメリカ合衆国ファンタジー・アドベンチャー映画オーエン・コルファーによる小説、アルテミス・ファウルシリーズの第1作『アルテミス・ファウル 妖精の身代金英語版』を原作とする。監督はケネス・ブラナー、脚本はコナー・マクファーソン英語版が務め、フェルディア・ショーララ・マクドネルタマラ・スマートノンソー・アノジージョシュ・ギャッドジュディ・デンチコリン・ファレルらが出演。アメリカでは後述の事情でDisney+から2020年6月12日に配信開始。日本でもDisney+から同年8月14日に配信開始[2][3]

ストーリー[編集]

アルテミス・ファウル2世英語版は、誘拐された父親を救い家族の財産を取り戻すために、従者でボディガードのバトラーとともに妖精を探してその財産を奪う計画を企てる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替声優[4][5]

製作[編集]

企画[編集]

2001年にシリーズの映画化の計画が発表された[6]ミラマックス・フィルムズは映画の権利を購入するとともに、ローレンス・グーターマン英語版が監督として契約した[7]2003年には、原作者のコルファーは、脚本が完成し年内にキャスティングが行われる予定であることを述べたが、上手くいくかどうかについては懐疑的な見解を示していた[8]。それ以降本作は企画段階に留まったままで、ジム・シェリダンが本作の監督に興味を示していると報じられる2011年まで開発地獄英語版にあったとされる[9][10]

2013年7月、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズは、ディズニーとワインスタイン・カンパニーが製作、マイケル・ゴールデンバーグが脚本を務める、『アルテミス・ファウル』シリーズの小説の1作目の出来事をカバーする映画を発表した。ロバート・デ・ニーロジェーン・ローゼンタールは製作総指揮として契約した[11]

2015年9月1日バラエティ誌はケネス・ブラナーが本作の監督、アイルランド人脚本家のコナー・マクファーソン英語版が脚本、ジュディ・ホフランドが製作総指揮を務めることを報じた[12]。コルファーはサイト「Artemis Fowl Confidential」への動画でそれを認め[13]、この発表前にブラナーと数回の打ち合わせを行ったことをラジオチャンネル「RTE Radio 1」にて述べた[14]2017年9月12日、ディズニーは本作が2019年8月9日に公開予定だと発表した[15]

2018年11月27日、ウォルト・ディズニー・スタジオは本作のトレイラーを公開した。

キャスティング[編集]

2017年9月18日ジュディ・デンチが何らかの役で交渉中と報じられた[16]。2017年10月11日、ディズニーはハーヴェイ・ワインスタインにまつわる性的不祥事を受け、ワインスタイン・カンパニーとのパートナーシップを終了し、彼を本作のプロデューサーから解任したことを発表した[17]。2017年12月20日、アイルランド人の新人フェルディア・ショーがアルテミス・ファウルにキャスティングされたこととともに、デンチがコマンダー・ルート、ジョシュ・ギャッドがマルチ・ディガムズ、ララ・マクドネルがキャプテン・ホリー・ショート、ノンソー・アノジーがバトラーを演じることが発表された[18]

撮影[編集]

2018年3月12日ニケ・パテル英語版のフォーリーを含む残りのキャストがアナウンスされ、主要プロダクションが開始した。撮影はイングランドロングクロス・スタジオ英語版北アイルランドホーチミン市で行われた[19]

公開[編集]

本作は当初、アメリカで2019年8月9日に公開される予定だったが、のちに2020年5月29日に改められた[20]。その後、新型コロナウイルスによる映画館閉鎖の影響を受けて、Disney+での配信へと改められた[2]

また、日本では2019年秋の公開が予定されていたが[21]、アメリカと同様にDisney+での配信に変更となった[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Katz, Brandon (2019年12月31日). “Which Movies Are Most Likely to Bomb in 2020?”. The New York Observer. https://observer.com/2019/12/2020-movie-release-schedule-box-office-bombs-prediction/ 2020年6月10日閲覧。 
  2. ^ a b 米ディズニー、「アルテミスと妖精の身代金」の劇場公開を断念 : 映画ニュース”. 映画.com (2020年4月7日). 2020年7月20日閲覧。
  3. ^ a b 『アルテミスと妖精の身代金』ディズニープラスで8月14日(金)独占公開”. Disney+公式 (2020年7月20日). 2020年7月20日閲覧。
  4. ^ “Disney+「アルテミスと妖精の身代金」花江夏樹が吹替版で主演、12歳の天才少年役”. 映画ナタリー. https://natalie.mu/eiga/news/390248 2020年8月3日閲覧。 
  5. ^ “ディズニー映画『アルテミスと妖精の身代金』日本語吹き替え版声優の森川智之さん、早見沙織さん、楠大典さんからコメント到着!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2020年8月7日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1596772668 2020年8月7日閲覧。 
  6. ^ Court, Ayesha (2002年8月8日). “Author's 'Fowl' play includes sequel, movie”. USA Today. https://pqasb.pqarchiver.com/USAToday/doc/408896576.html 2013年2月5日閲覧。 
  7. ^ “Miramax Has Rights To Make Movie Of Book Artemis Fowl'”. Star-News. (2003年2月19日). https://news.google.com/newspapers?id=EbgsAAAAIBAJ&pg=6785,890633 2013年2月5日閲覧。 
  8. ^ “A moment with ... 'Artemis Fowl' author Eoin Colfer”. Seattle PI. https://www.seattlepi.com/default/article/A-moment-with-Artemis-Fowl-author-Eoin-1114885.php 2013年2月5日閲覧。 
  9. ^ “Irish fantasy role raises Saoirse's elf esteem”. Irish Independent. https://www.independent.ie/entertainment/movies/irish-fantasy-role-raises-saoirses-elf-esteem-26724385.html 2013年2月5日閲覧。 
  10. ^ Artemis Fowl Film Attracts Director Jim Sheridan And Star Saoirse Ronan”. Bleeding Cool. 2013年2月5日閲覧。
  11. ^ Vejvoda, Jim. “Disney, Harvey Weinstein Team for Artemis Fowl Movie Adaptation”. IGN. 2019年4月14日閲覧。
  12. ^ Kroll, Justin (2015年9月1日). “Kenneth Branagh Developing ‘Artemis Fowl’ Adaptation for Disney”. Variety. https://variety.com/2015/film/news/kenneth-branagh-and-conor-mcpherson-developing-artemis-fowl-adaptation-for-disney-1201583325/ 2015年9月3日閲覧。 
  13. ^ Artemis Fowl Confidential Eoin Colfer Interview (August 2008)”. 2016年2月25日閲覧。
  14. ^ Wall, Matt (2015年9月2日). “Eoin Colfer on RTE Radio 1 talking about the Artemis Fowl Movie”. Artemis Fowl Confidential. https://www.artemis-fowl.com/2015/09/02/eoin-colfer-on-rte-radio-1-talking-about-the-artemis-fowl-movie/ 2015年9月4日閲覧。 
  15. ^ Artemis Fowl - ComingSoon.net”. 2019年4月14日閲覧。
  16. ^ Kroll, Justin (2017年9月18日). “Judi Dench in Talks to Join Kenneth Branagh’s ‘Artemis Fowl’ Movie Adaptation (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2017/film/news/judi-dench-artemis-fowl-movie-kenneth-branagh-1202562782/ 2017年9月20日閲覧。 
  17. ^ McNary, Dave (2017年10月11日). “Disney Removes Harvey Weinstein as Producer on ‘Artemis Fowl’”. Variety. https://variety.com/2017/film/news/harvey-weinstein-disney-artemis-fowl-1202587666/ 2017年10月14日閲覧。 
  18. ^ The Cast for the Upcoming Live-Action Adaptation of Artemis Fowl Has Been Announced”. Oh My Disney (2017年12月20日). 2018年1月12日閲覧。
  19. ^ https://collider.com/artemis-fowl-production-start-disney/
  20. ^ Disney announces dates for new Star Wars movies, MCU Phase 4, and more”. Polygon (2019年5月7日). 2019年6月9日閲覧。
  21. ^ ディズニー実写映画「アルテミスと妖精の身代金」公開決定、監督はケネス・ブラナー”. 映画ナタリー (2019年2月20日). 2019年4月14日閲覧。

外部リンク[編集]