アルツール・パルティカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルツール・パルティカ
オリンピック
陸上競技
1992 走高跳
1996 走高跳

アルツール・パルティカ (Artur Jerzy Partyka、1969年7月25日 - )は、ポーランドの元陸上競技選手。1992年バルセロナオリンピック1996年アトランタオリンピックで2大会連続メダルを獲得した選手である。美しい背面跳びで知られ、世界で21人しかいない2m38ジャンパーの一人である。(2013年9月現在)この記録は現在でもポーランド記録となっている。

オリンピックでの2大会連続表彰台のほかに、世界選手権でも1993年の大会から3大会連続で表彰台に立っている。

自己ベスト[編集]

  • 走高跳 2m38 (1996年8月18日)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1988 世界ジュニア陸上選手権 サドバリー(カナダ) 走高跳 2m28
1991 世界室内陸上選手権 セビリア(スペイン) 走高跳 2m37
1992 オリンピック バルセロナ(スペイン) 走高跳 2m34
1993 世界陸上選手権 シュトゥットガルト(ドイツ) 走高跳 2m37
1994 ヨーロッパ陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 走高跳 2m33
1995 世界陸上選手権 イェーテボリ(スウェーデン) 走高跳 2m35
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 走高跳 2m37
1996 IAAFグランプリファイナル ミラノ(イタリア) 走高跳 3位 2m30
1997 世界陸上選手権 アテネ(ギリシャ) 走高跳 2m35
1998 ヨーロッパ陸上選手権 ブダペスト(ハンガリー) 走高跳 2m34

外部リンク[編集]