アルダシール3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルダシール3世
اردشیر نیکوکار
サーサーン朝シャー
Coin of Ardashir III, Arrajan mint (2).jpg
アルダシール3世のコイン
在位 628年9月6日-630年4月27日

出生 621年
死去 630年4月27日
埋葬 メシャン
継承者 シャフルバラーズ
家名 サーサーン家
王朝 サーサーン朝
父親 カワード2世
母親 Anzoy
宗教 ゾロアスター教
テンプレートを表示

アルダシール3世 (621年 - 630年4月27日 英語表記:Ardashir III) はサーサーン朝の第26代 (在位:628年9月6日-630年4月27日)。シャフルバラーズにより処刑された。

即位前[編集]

アルダシール3世は、カワード2世ビザンツ帝国の王女であったAnzoyの息子でした。[1][2]これにより、最近ビザンツ帝国との長く壊滅的な戦争にあったイラン人の間では、アルダシールの人気は低下した。[1] 628年に壊滅的なペストがイラン西部に広がり、カワード2世を含む人口の半分の命を奪った。[3]

治世[編集]

即位[編集]

カワード2世の死後、Wuzurganは7歳の少年であったアルダシールを後継者として選出した。 しかし実際にはほとんど力を行使せず、サーサーン朝ペルシャ帝国は彼の相マー・アードゥル・グシュナースプ英語版によって制御されていた。彼の義務は、アルダシール3世が支配するのに十分な年齢になるまで帝国を保護することであった。[4]

王位簒奪[編集]

629年、ニムルジはシャーに対する支持を撤回し、シャフルバラーズ将軍と彼を打倒するために陰謀を企て始めた。[5] アスパーフバド一族の指導者ホルミズド5世英語版のもとで、パラフは、イランの新しい支配者としてアルダシールの叔母のボーラーンを支援することで対応し、その後、彼はアーモル英語版ニシャプールゴルガーンレイでコインを鋳造し始めた。[5]

1年後、6,000人の部隊を持つシャフルバラーズはクテシフォンに向かって行進し、街を包囲した。[1]しかし、シャフルバラースは都市を占領することができなかったため、パーシグのリーダーであり、カワード2世の統治中に帝国の前大臣であったPiruz Khosrowと同盟を結んだ。[6]パーシグとニムルジの両方の支援を受けて、シャーバラーズはクテシフォンを包囲し英語版、アルダシール3世、マー・アドゥール・グシュナースプ、および多くの貴族を処刑した。[1] その後、シャフルバラーズはイランの王位に就いた。故郷の伝承によると、アーダシールはメシャンの未知の場所に埋葬された。[1]

家族[編集]

出典[編集]

資料[編集]

  • Morony, Michael G. (2005) [1984]. Iraq After The Muslim Conquest. Gorgias Press LLC. ISBN 978-1-59333-315-7. https://books.google.com/books?id=uhjSiRAwGuEC 
  • Martindale, John R.; Jones, A.H.M.; Morris, John (1992), The Prosopography of the Later Roman Empire, Volume III: AD 527–641, Cambridge University Press, ISBN 0-521-20160-8, https://books.google.com/books?id=fBImqkpzQPsC 
  • Pourshariati, Parvaneh (2008). Decline and Fall of the Sasanian Empire: The Sasanian-Parthian Confederacy and the Arab Conquest of Iran. London and New York: I.B. Tauris. ISBN 978-1-84511-645-3. https://books.google.com/books?id=I-xtAAAAMAAJ 
  • Shahbazi, A. Shapur (2005). “Sasanian Dynasty”. Encyclopaedia Iranica, Online Edition. http://www.iranicaonline.org/articles/sasanian-dynasty 2014年3月30日閲覧。. 
  • Shahbazi, A. Shapur (1986). “ARDAŠĪR III”. Encyclopaedia Iranica, Vol. II, Fasc. 4. pp. 381–382. http://www.iranicaonline.org/articles/ardasir-iii-sasanian-king-r. 


先代:
カワード2世
アルダシール3世
サーサーン朝26代
628年 - 630年
次代:
シャフルバラーズ