アルセ (ドゥー=セーヴル県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Arçais
Arçais 2012 05.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏Proposed design for a flag of Aquitaine-Limousin-Poitou-Charentes.svg
(département) ドゥー=セーヴル県Blason département fr Deux-Sèvres.svg
(arrondissement) ニオール郡
小郡 (canton) フロントネー=ロアン=ロアン小郡
INSEEコード 79010
郵便番号 79210
市長任期 ミシェル・パニエ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération du Niortais
人口動態
人口 608人
2013年
人口密度 40人/km2
住民の呼称 Airçaisiens, Airçaisiennes
地理
座標 北緯46度17分49秒 西経0度41分23秒 / 北緯46.2969度 西経0.689722222222度 / 46.2969; -0.689722222222座標: 北緯46度17分49秒 西経0度41分23秒 / 北緯46.2969度 西経0.689722222222度 / 46.2969; -0.689722222222
標高 平均:m
最低:1m
最高:36 m
面積 km2
Arçaisの位置(フランス内)
Arçais
Arçais
公式サイト www.arcais.fr
テンプレートを表示

アルセArçais)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ドゥー=セーヴル県コミューンニオールの西に位置し、ポワトヴァン湿地の中にある。

由来[編集]

アルセという地名は1882年に採用されている。中世の公文書においては、以下のように継続して記されていた。1178年にArchaïcum、1223年にArcacum、1300年にArseumである。これらの地名が今日知られているアルセという名に導いた。

地理[編集]

湿地と遊歩道

アルセは、年中起こる洪水を指して『水であふれた湿地』と言われ、『緑のヴェネツィア』(Venise verte)とも呼ばれるポワトヴァン湿地の一部である。セーヴル・ニオルテーズ川から遠く離れておらず、村はほとんど迷路のような堀、水路や運河に囲まれている。

経済[編集]

港の乗船場所

かつて通過地点であったアルセは、畜産や林業が行われていた。周辺のコミューンと同様に今日では、湿地を訪れるために船に乗船できる港があるおかげで観光が盛んである。駐車場があり、ピクニック、遠足、サイクリング、クルーズ、釣り、狩猟、キャンピングが行われている。

歴史[編集]

継続して湿地の干拓が行われる以前、一帯は海で囲まれていたうえ、村はピクトン湾の中にあった。アルセはのちに活気ある土地となり、最盛期を19世紀に迎えた。港にある古い木材クレーンの複製が証明しているように、伐採されたポプラは河岸に運ばれてクレーンで船に積まれていた。そして1829年には港近くに伝統的な住宅が建てられた。そして11ある倉庫は、魚やワイン、木材を収めるため建てられた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年 2013年
759 718 653 524 560 572 620 608

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[1]、2004年以降INSEE[2][3]

脚注[編集]