アルコRSC-2形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルコRSC-2
CFA 040 DD 1-JPVL.jpg
基本情報
製造所 アメリカン・ロコモティブ
製造年 1946年 - 1950年
製造数 91両
主要諸元
軸配置 A1A-A1A
長さ 16.18 m
3.05 m
高さ 4.27 m
機関車重量 110.0 t
燃料搭載量 3,000 L
動力伝達方式 電気式
機関 ALCO244型 1基
発電機 直流発電機
主電動機 直流駆動用モーター
最高速度 105 km/h
出力 1,500馬力 (1,100kW) - 1,600馬力
テンプレートを表示

アルコRSC-2は、アメリカン・ロコモティブ(アルコ)が生産した車軸配置A1A-A1A、ロード・スイッチャータイプの電気式ディーゼル機関車である。RS-2の軸重を軽減するために車軸配置を変更したもので、1946年10月から1950年4月にかけて計91両が製造された。

解説[編集]

RSC-2には、出力1,500馬力の設計記号E-1661AとE-1661B、出力1,600馬力のE-1661Cがある。

また、納入後、台車をB形のも(2動軸のもの)に変更したものもあり、後述するシーボード・エア・ライン鉄道(SAL)では23両が、スー・ライン鉄道(SOO)では全4両が該当する。

最初にRSC-2の配備を受けた鉄道は、ミルウォーキー鉄道(MILW)であった。1947年、完全ディーゼル化した場合の影響を調べるために、ウィスコンシン州ワウソーに事務所を置くバレー・ディビジョンに配置された。この試験配置は成功し、すぐに全蒸気機関車がバレー・ディビジョンから排除された。その後は、GM-EMDSDL39に置き換えられるまで、長く使用された。

アメリカ南東部のシーボード・エア・ライン鉄道(SAL)に目を向けると、SALの支線において、RSC-2は適正な出力を持ったジャストサイズの機関車であった。SALは徐々に増備し、RSC-2の最大所有者となった。そして、入換から、フロリダ州ボーンバレーからの重量リン酸塩輸送にまで使用した。SALがシーボード・コースト・ライン鉄道(SCL)になってもまだ使用され、1970年代初頭にようやくタンパのユーセタ(Uceta)の工場で解体された。

アルコは本形式をポルトガルアルジェリアにも輸出した。ポルトガルへは12両が輸出され、製造後60年を経過してもなお5両が21世紀になっても定期旅客列車牽引に使用されている。そして、1両が博物館に、6両が軌道保守会社に譲渡された。

製造時の所有者[編集]

鉄道 両数 ロードナンバー 備考
Office des Chemins de fer Algériens (Office CFA)
5
040DD1 - 040DD5
ポルトガル鉄道
12
DE101-DE106, DE1101-DE1106 5両が稼働中
アメリカン・ロコモティブ (デモ車)
1
1190 のちユニオン・パシフィック鉄道(UP)へ
シカゴ・ミルウォーキー・セント・ポール・アンド・パシフィック鉄道](ミルウォーキー鉄道、MILW)
22
975-996
シーボード・エア・ライン鉄道(SAL)
37
1500-1536 1532-1536 は1,600馬力
スー・ライン鉄道(SOO)
4
368-371
ユニオン・パシフィック鉄道(UP)
10
1180-1189
合計 91

関連項目[編集]