アルコール離脱症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Alcohol withdrawal syndrome
Ethanol-2D-skeletal.svg
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
救急医学
ICD-10 F10.23, F10.23(0-9)
ICD-9-CM 291.81
DiseasesDB 3543
MedlinePlus 000764

アルコール離脱症候群(アルコールりだつしょうこうぐん、Alcohol withdrawal syndrome)は過剰なアルコール摂取期間後、アルコールの摂取を止めたり量を減らすことにより発症する[1]。一般的な症状は主に不安感震え、発汗、嘔吐、 頻脈、微熱である[1]。さらに重い症状には てんかん発作幻覚、幻聴振戦せん妄(DTs)がある[1]。通常、最後のアルコール摂取から6時間後位より症状が出始め、24〜72時間後に症状が一番重くなり、7日後には症状は向上する[2][3]

アルコール離脱はアルコールに依存してる人に起こる[1]。計画的または非計画的な禁酒や減酒によって起こる[1]。その根本的なメカニズムは脳のGABA受容体の反応が減少することによるものである[3]。通常、離脱の過程にはアルコール離脱症状評価尺度(CIWA-Ar)が用いられる[3]

一般的なアルコール離脱の治療はベンゾジアゼピンなどのクロルジアゼポキシドまたはジアゼパムが用いられる[2]。症状に基づいて服用量が決まっていることが多い[2]。通常はチアミンが勧められる[2]。電解質不均衡と低血糖の治療もするべきである[2]。早期の治療ほど効果がある[2]

欧米では、人口の約15%がアルコール依存症の経験がある[3]。 アルコール依存症患者がアルコール摂取量を減らすことにより、その約半数の人に離脱症状が診られ、その内の4%の患者に重い症状が出る[3]。重症患者の15%が死に至る[2]。アルコール離脱症の症状は、古くは紀元前400年にヒポクラテスにより記録されている[4][5]。1800年代までは深刻な問題ではないと考えられていた[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e National Clinical Guideline Centre (2010). “2 Acute Alcohol Withdrawal” (英語). Alcohol Use Disorders: Diagnosis and Clinical Management of Alcohol-Related Physical Complications (No. 100 ed.). London: Royal College of Physicians (UK). https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedhealth/PMH0047840/ 2016年10月21日閲覧。. 
  2. ^ a b c d e f g Simpson, SA (September 2016). “Psychiatric Emergencies for Clinicians: Emergency Department Management of Alcohol Withdrawal.”. The Journal of emergency medicine 51 (3): 269-73. PMID 27319379. 
  3. ^ a b c d e Schuckit, MA (27 November 2014). “Recognition and management of withdrawal delirium (delirium tremens).”. The New England Journal of Medicine 371 (22): 2109–13. doi:10.1056/NEJMra1407298. PMID 25427113. 
  4. ^ Martin, Scott C. (2014) (英語). The SAGE Encyclopedia of Alcohol: Social, Cultural, and Historical Perspectives. SAGE Publications. p. Alcohol Withdrawal Scale. ISBN 9781483374383. オリジナルの2016-10-22時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=R9i5BgAAQBAJ&pg=PT156. 
  5. ^ a b Kissin, Benjamin; Begleiter, Henri (2013) (英語). The Biology of Alcoholism: Volume 3: Clinical Pathology. Springer Science & Business Media. p. 192. ISBN 9781468429374. オリジナルの2016-10-22時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=hp7TBwAAQBAJ&pg=PA192.