アルケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルケー古希: αρχη : arkhē)とは、「はじめ・原初・根源」等のことであり、哲学用語としては「万物の根源」また「根源的原理」を指す。宇宙の神的・神話的な起原である。

概説[編集]

主にミレトス学派自然哲学で議論された。古代ギリシアアナクシマンドロスがはじめてアルケーの語を用いたとされる。またアリストテレスはその著書『形而上学』A(ΜεταφυσικάA[1])において、哲学の祖はミレトスタレースであり、彼は、万物の根源(アルケー)をであるとしたと記している[2]

それ以外にも、ヘラクレイトスを、ピュタゴラスをアルケーとし、エンペドクレース空気四大からなるリゾーマタ、デモクリトスアトモス(不可分体)が根源であるとした。アナクシマンドロスは、無限定者(無限定)(アペイロンen:Apeiron)がアルケーであると考えた。

キリスト教でのアルケー[編集]

新約聖書』の『ヨハネによる福音書』(Κατά Ιωάννην Ευαγγέλιο[3])は、その冒頭に、コイネーギリシア語で、Εν αρχηι ην ο ΛόγοςEn arkhēi ēn ho logos、エン・アルケー・エーン・ホ・ロゴス)と記されているが、代表的なラテン語訳である『ウルガータ聖書』ヨハネによる福音書 (Biblia Sacra Vulgata (Stuttgartensia)/Ioannes[4])では、この部分を、「In principio erat verbum 」と訳している。「principium」(principio は、この語の与格形)はラテン語では、「はじめ」という意味以外に、「原理」という意味があり、ここよりアルケーへの問いは、「世界根源原理」としてのへの問いとして中世のスコラ哲学に引き継がれた。

なお、アルケーという言葉のギリシア語での対語は、「テロス」(古希: τελος telos)であり、テロスは「終わり・目標・完成」というような意味を持つ。『新約聖書・福音書』において、イエズスは、「わたしはアルパであり、オメガである」と述べたと記されているが、アルパ(Α)とオメガ(Ω)は、ギリシア語アルファベットでの最初と最後の字母である。

従って、イエズスは「わたしはアルケーでありテロスである」と述べたとも解釈される。イエズスはギリシア語で語ったのではなく、アラム語ヘブライ語で言葉を述べた筈で、ヘブライ文字だと、最初と最後の字母は、アレプとタウとなり、これはギリシア語のアルケーとテロスの頭文字に対応する。

[編集]

  1. ^ Wikisource reference Ἀριστοτέλης. Μεταφυσικά/Βιβλίο Α. - ウィキソース. 
  2. ^ 山田哲也 (2008年5月8日). “タレス(B.C.620前後?-B.C.560前後?) 1、アルケー(始源)”. Webで読む西洋テツガク史. 2011年11月19日閲覧。
  3. ^ Wikisource reference Καινή Διαθήκη. Κατά_Ιωάννην. - ウィキソース. 
  4. ^ Wikisource reference Ioannes. Biblia_Sacra_Vulgata_(Stuttgartensia)/Ioannes. - ウィキソース. 
執筆の途中です この「アルケー」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。