アルギン酸プロピレングリコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルギン酸プロピレングリコール[1]
識別情報
CAS登録番号 9005-37-2 チェック
ChemSpider NA チェック
特性
モル質量 234.21 構造単位あたり (理論上)
外観 白~黄褐色の粒子が大きい粒状または粉末状
への溶解度 溶ける
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アルギン酸プロピレングリコール (propylene glycol alginate, PGA)は、乳化剤安定剤および増粘剤に使われる食品添加物である。E番号はE405。化学的には昆布から得られるアルギン酸を、エステル化したものである。カルボキシル基のいくつかはプロピレングリコールとエステル化されており、いくつかはアルカリ中和され、またいくつかは遊離カルボキシル基のままである[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Propylene glycol alginate, Food and Agriculture Organization of the United Nations

外部リンク[編集]