アリラン3A号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アリラン3A号(아리랑 3A호)、またはKOMPSAT-3A(Korea Multipurpose Satellite-3A)は、韓国の多目的実用人工衛星韓国航空宇宙研究院(KARI)と複数の韓国企業がドイツ航空宇宙センターEADS アストリアム社の技術支援を基に開発した地球観測衛星で、2015年3月26日にヤースヌイ宇宙基地からドニエプルロケットで打上げられた[1]

概要[編集]

可視光分解能55cm、赤外線分解能5.5mの光学衛星で、2006年から2373億ウォン(約260億円)かけて開発された[2]

韓国の公共衛星としては初めて韓国の民間企業がKARIの支援を受けて開発を主導した衛星である[3]韓国航空宇宙産業(KAI)とAP宇宙航空コンソーシアムが衛星本体、大韓航空ハンファ、トゥウォン重工業、サムスンタレスが部品単位で製作に関わっており、この開発参画企業群はアリラン5号の開発時と同じである[4]。韓国の国産化を示す技術自立度は、システムおよび本体が88.9%、光学搭載体は83.1%とされており[5]、ドイツ航空宇宙センターとEADS アストリアムが光学機器の開発における技術支援を行っている[6][7][8][9]

参考文献[編集]

関連項目[編集]