アリベルト・マカショフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アリベルト・ミハイロヴィッチ・マカショフАльберт Миха́йлович Макашо́вAlbert Mihailvich Makashov1938年6月12日– )は、ソビエト連邦およびロシア軍人政治家陸軍大将ロシア連邦共産党会派所属のロシア連邦議会下院国家会議代議員。

沿ヴォルガ・ウラル軍管区司令官などを経て、ゴルバチョフ時代、強硬な保守派タカ派、またナショナリストの軍人として台頭した。1991年ロシア大統領選挙に保守派の独立系(無所属のこと)候補として立候補したが、3.74%の得票率で落選した。その直後の8月クーデターを支持した。1993年モスクワ騒乱事件では、最高会議に立てこもり防衛線を構築した。その後、1995年の下院選挙に共産党から立候補し当選した。

反ユダヤ主義者であるといわれており、1999年にはアメリカの著名な極右政治活動家デイヴィッド・デューク英語版白人至上主義と反ユダヤ主義を公言しており、クー・クラックス・クラン(KKK)の活動家でもあった。1991年のルイジアナ州知事選挙英語版決選投票に進出し、国際的衝撃を与えたことがある)と会見し、デュークはマカショフ支持を明らかにした。