アリノトウグサ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリノトウグサ科
Myriophyllum spicatum
ホザキノフサモ
Myriophyllum spicatum
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: アリノトウグサ科 Haloragaceae
学名
Haloragaceae
R.Br

本文参照

アリノトウグサ科 (Haloragaceae) は双子葉植物のひとつで8-9150-200がある。アリノトウグサ属 (Haloragis) やフサモ属 (Myriophyllum) が日本に分布する。世界中に広く分布するコスモポリタンであるが、多様性の中心はオーストラリアなど南半球である。

分類[編集]

キュー植物園によるリストでは9属を含む[1]グンネラ属を含める分類体系も存在したが、現在では別系統とされる。

APG植物分類体系[編集]

APG植物分類体系では、遺伝子の解析の結果ユキノシタ目とされた。グンネラ属は別目とされる。

クロンキスト体系[編集]

子房下位と退化した花を共通の形質として、クロンキスト体系ではアリノトウグサ目を立て、グンネラ属を独立させたグンネラ科とアリノトウグサ科の2科を属させる。

新エングラー体系[編集]

新エングラー体系ではアリノトウグサ科にグンネラ属を含める。フトモモ目に入れる。

脚注[編集]

  1. ^ HALORAGACEAE”. 2012年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]